tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調の教育力・就職力

わたしはこうやって学びとる!

在校生たちがそれぞれどのようにして学んでいるのか、辻調グループだからこそ習得できる技術と知識を、調理実習編&理論・教養編でご紹介します。

シミュレーション実習/料理チーム編

山本 凌太 山本 凌太 (茨城・下館工業高校卒)
辻調理技術マネジメントカレッジ(2年)
※取材時
実際のレストランを想定し、現場をリアルに学びます。
  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4
  • お客様の来店に合わせた時間配分が重要。
    開店までに予定の仕込みを終えるため時間配分には十分気を配ります。
  • 盛りつけは、美しく、均一に整える。
    同一メニューでは、見た目の統一感が重要。お店で提供できるレベルが目標。
  • スムーズな作業には現場のコミュニケーションが大切。
    無駄なく作業を進めるには、チームの連携がポイントです。声をかけ合って。
  • 評価シートでは、味、出来映えサービスもチェック。
    作業行程や、料理の評価を分析し、反省点は次回の実習に活かします。

シミュレーション実習/サービスチーム編

山本 凌太 山本 凌太 (茨城・下館工業高校卒)
辻調理技術マネジメントカレッジ(2年)
※取材時
自分の役割を判断しコミュニケーション力を磨く。
  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4
  • 伝票(ボン)の書き方を身につける。
    どの席にどのお客様が着席し、何を注文したかを正確に把握します。
  • 自分の役割を把握しながら周りもサポート。
    常にフロアの状況を把握し、各担当と共有するチームワークが重要。
  • 接客は常に笑顔でわかりやすく話す。
    料理の説明やオーダーの確認など、実際の店舗での接客を体験します。
  • 全体の流れや動き、接客をチェック。
    実習から得た反省を振り返り、次回への課題をまとめます。

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント