tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調グループフランス校ブログ

古城 琴音さん:製菓2018年春コース

「好きなパティシエがフランス校出身」
フランス校入学のきっかけは、私が地元で一番好きなパティスリーのシェフがフランス校出身ということを知ったことです。研修に行けることや、パティシエになるなら自分自身でケーキの本場と言われるフランスを知っておきたいという気持ちもあったことで入学を決めました。

「常に挨拶をするフランス人」
フランスの生活で驚いたことは、お店に入るときもBonjour(こんにちは)と挨拶を必ずすることです。帰るときは一言だけではなくmerci(ありがとう)au revoir(さようなら)などの言葉をものすごい速さでいいます(笑)。フランス人は冷たい、といったようなことを日本で聞きましたが、すごく優しくフレンドリーで安心しました。

「授業は準備が大変!」
フランス校の実習では先生の使った器具と同じものを使わなければならなかったり、自分たちが使う材料はあるか?仕込みに漏れはないか?などを全て自分たちで確認しなければなりません。事前の準備が日本より多く大変で、予習でなかなか眠れない日もあります(笑)。しかし、就職するとケーキを作ることだけでなくそういうことも重要になってくると思うのでいい練習だと思います。

「外来講習は素晴らしい」
日本と違うフランス校の魅力の一つは外来講習です。M.O.Fやクープデュモンドで優勝したような方が来てくれて学生がその助手をすることができるのです!間近でトップの技術を見ることができ、時には指導を受けながら絞りなどをやらせてもらえたりと、貴重な体験です。


外来講師ヴィオレシェフと

「想像以上に楽しい寮生活」
寮での生活は想像以上に楽しいです!いつでも周りに友達がいて困った時にはいつでも助け合えます。部屋に集まってダンスをしたり、スーパーで買ってきたものを一緒に食べたりと楽しい寮生活を送っています。


到着時のバーベキューにて友達と

「食べ歩きも充実」
休日にパリに行き、エッフェル塔や凱旋門など名所を見学しました。テレビで見るのとは違い感動しました。日本にいる時からインスタで見ていてずっと行きたかったCedric GroletがシェフをしているLe Meuriceや、Angelina, Laduréeなど、歩くたびに出てくるたくさんのパティスリーに行くこともできました。リヨン近郊のレストランではポールボキューズに行きました。人生に一度は行ってみたい三ツ星レストランはとてもいい経験になりました。


パリではいろいろなところに行きました!

「フランスを感じながら頑張る研修を」
研修は希望しています!自分の未熟なフランス語が少し不安ではありますが、新しい場所でフランスを感じながら頑張る、考えただけで楽しいです!後悔のないように日々勉強頑張ります!

「フランス校へ入学を考えている皆さんへ」
フランスに来ると周りでフランス語が飛び交い、フランス語を覚えるのによい環境ではありますが、残念ながら急に話せるようになるわけではありません。日本にいる時から単語だけでもしっかり勉強しておくことをお勧めします。


古城 琴音(KOJO Kotone)
2018年春コース  エスコフィエ校 製菓研究課程
出身高校 徳島県立小松島西高等学校
辻調グループ校出身校 エコール 辻 大阪 辻製菓マスターカレッジ(フランス校留学コース)

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント