tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

留学生活について

フランス校生活

フランス校の授業日

フランス校の授業は平日のみで、土曜、日曜、祝日は休日です。もちろん休日であっても、日本人職員が交代で残っていますので緊急時の対応も万全です。休日の食事については、希望制により朝昼夕と食事をとることができます。
フランス校生活

病気・ケガ

授業時間に関わらず、緊急時の対応は24時間可能ですので、病院までの帯同や通訳等はご安心ください。また、渡航前に加入していただく「海外傷害保険」でほとんどの治療費はカバーされますが、一部、約款により例外もありますので、契約書をよくお読みください。
病気・ケガ

外出・外泊

土日の外出、外泊は、事前に届けを出せば可能です。リヨン近郊の町であれば、土日で旅行もできますし、祝日等の関係で3連休、4連休となれば、パリはもちろん、イタリアやドイツといった他の国に行くことも可能です。
外出・外泊

食べ歩き

せっかくフランスにいるのですから、「今」のフランス料理、フランス菓子をぜひ見てください。きっと、学校の中とは違ったものが見えてくるはずです。
また、各校舎1期で2回食べ歩きツアーを企画しています、予約からバスの手配まで行いますので、交通の便が悪いところでも行くことが可能になります。(実費・自由参加)

フランス校食べ歩き日記

食べ歩き

家庭招待

こちらもフランス校生ならではの体験。各校舎の近隣に住む人たちから、家庭招待を受ける場合があります。半日、フランス人家庭で過ごすというもので、旅行者ではなかなかできない体験です。フランス人の休日の過ごし方、普段の食事やワインなど興味はありませんか?
家庭招待

日仏交流

家庭招待も日仏交流のひとつですが、フランス校では一般のフランス人と触れ合う機会が多くあります。
期の初めは「村人とのビュッフェ・パーティ」「フランス人チームとのサッカー大会」なども予定されています。
こういう機会こそ、コミュニケーション力を身に付ける絶好の機会ですよね。
  • 日仏交流村人とのビュッフェパーティで、フランス語とジェスチャーなどでコミュニケーションをとる学生達。事前に用意したお手製の会話ノートを持ってくる学生もいます。
  • 日仏交流フランス人チームとのサッカー大会の様子。

ヴァカンスの過ごし方

ヴァカンス期間中

フランス校のヴァカンスは、春コース、秋コースともに3週間。 事前に計画表を提出すれば、ヨーロッパ圏内どこへ行っても構いません。学校に残り、ゆっくりのんびり過ごしたり、今までの授業の整理に充ててもOKです。
ヴァカンス中も、職員が交代で残っていますので、食事は休日同様、希望制で朝昼夕と取ることができますし、学内はもちろん、旅行先での緊急時対応も行っています。
ヴァカンスの過ごし方

その他フランス校の様子はブログにて紹介しています。

辻調グループ フランス校ブログ
[an error occurred while processing this directive]