www.tsuji.ac.jp 辻調グループ校 学校案内サイト www.tsujicho.com 辻調グループ校 総合サイト 辻調グループ校 「食」のコラム




エスプリ

お菓子

小話

シュゼット嬢のクレープ
解説 19世紀前半に活躍した料理人アンリ・シャルパンティエが、モナコ のカフェ・ドゥ・パリというレストランで働いていた頃のこと。ある日、イギリスの皇太子が食事に来た。デザートは殿下が召しあがったことのないものをということで、クレープに香り高いお酒をいっぱいかけて作った。ほの暗い部屋に紫色の炎に包まれたクレープ、ブランデーやリキュールのかもし出すデリケートな味。殿下はお気に召した 様子で、名前を尋ねた。シャルパンティエはクレープと言いかけたが、ややおいて「クレープ・プリンスでございます」と答えた。クレープだけなら田舎菓子、シャルパンティエのとっさの機転だ。それに対して殿下は「プリンスよりシュゼットのほうがいいね」と同席して いた令嬢にささやかれた。彼女の名はシュゼットだった。なんともうまくできたお話だが、このデザートの創案、シャルパンティエではな いという人もあり、真偽のほどはちょっと?

フランス

出典

食卓のエスプリ「フランス料理の本 デーザート」/辻静雄著