レシピ集

洋菓子(ケーキ)





ガトー・マルジョレーヌ
シンプルな外見だが、独特の食感を持った生地と3種類のクリームのバランスが絶妙。薄めに、2cmくらいの幅で切り分けて供する。
これがフランス料理だった!・美食の殿堂ピラミッド


シュークリーム
シューとは、フランス語でキャベツのこと。表面にひびが入って膨らんだ形が特徴です。
菓子まし娘のお菓子講座・シュークリーム


GATEAU D'ORANGE
オレンジをたっぷり使ったショートケーキ。オレンジを柔らかく煮るのがコツ。
私のメニューブック・オレンジ


ENTREMETS DOME AL'ORANGE
最近よく使われている果物のペーストを用いたムース。使いすぎると苦みが出たりするので、果汁の補助として用いると最適です。
私のメニューブック・オレンジ


POT DE CREME CHOCOLAT      AVEC GRANITE D'ORANGE
口に入れるとトロリと喉に流れ込むチョコレート・クリームに、オレンジで作ったグラニテ(氷菓)を組み合わせたデザート。
私のメニューブック・オレンジ


CREOLE A L'ORANGE
西インド諸島などの植民地で生まれた白人のことで、ラム酒、パイナップル、バナナなどを用いるお菓子に名付けられる。
私のメニューブック・オレンジ


CHARLOTTE D'ORANGE
オレンジの香りがほのかに漂う、日本人好みの軽いケーキ。パイを添えなくても良いでしょう。
私のメニューブック・オレンジ


TOPFENOBERSTORTE MIT ORANGE
Topfen(トプフェン:牛乳の蛋白質だけを集めて絞り、脂肪分を加えて練り合わせたフレシュチーズ)とオレンジを組み合わせたレアータイプのチーズケーキ。
私のメニューブック・オレンジ


FRAISIER フレジエ
フランス版苺ショート・ケーキ。バター・クリームまたカスタード・クリームを合わせたクレーム・ムースリーヌとマジパンを組み合わせたしつこそうなケーキですが、苺がそれらを和らげ、苺の風味を充分に引き出してくれるケーキです。
私のメニューブック・イチゴ


LE CARDINALE カーディナル
カーディナルと言えば、ウィーンの銘菓カーディナル・シュニッテンを思い浮かべることでしょう。黄色と白(カトリックの旗の色)の色鮮やかなスポンジに赤いジャム(枢機卿の緋の衣)を組み合わせたケーキ。
私のメニューブック・イチゴ


GATEAUCHOCOLAT AUX FRAISES
 ガトーショコラオフレーズ
苺とチョコレートの面白い組み合わせ。試作を何回も繰り返した思い出深いチョコレートケーキです。甘みと酸味の微妙なバランスが必要とされるケーキです。
私のメニューブック・イチゴ


BUCHE FRAICHEUV
フランスの代表的な薪形クリスマスケーキですが。以前のように、どっしりとこくのあるケーキではなく、若者の好む軽いムースを組み合わせて現代風クリスマスケーキと言ったところです。
私のメニューブック・イチゴ


GRATINDE FRAISES CHIBOUST AU CITRON
よく知られている苺のグラタンと言えば、苺にサバイヨンをかける方法が一般的です。料理の後の温かいデザート(Entremets-chauds)としてよく用いられますが、冷たくして用いるのも意気ではないでしょうか。
私のメニューブック・イチゴ


ERDBEERSAHTORTE エルトベアザッハトルテ
大人でもペロリと食べてしまう軽いケーキ。話が弾み、一つが、二つ、三と、食べ過ぎてしまうのが難点。
私のメニューブック・イチゴ


いちごのショートケーキ
子供から大人までみんなが大好きないちごのケーキです。全卵で泡立てたスポンジと、ホイップクリームの組み合わせです。好みのフルーツに変えることもできます。
菓子まし娘のお菓子講座・ショートケーキ





説明は本文からの引用です。