トート・マン・クンタイ風えびの薩摩揚げ
<タイ>



タイのレッドカレーを作る時に使うペーストを、えびのすり身の中に味付けのポイントとして使う。ナムプラーで塩味と旨味を調え、ハンバーグのような形にまとめてる。あとはパン粉をまぶして油で揚げるだけ。パン粉の香ばしさとえびの甘味が食欲をより刺激する。




えび(むき身)………………500g
レッドカレーペースト………30g
卵………………………………2個
ナムプラー……………………20cc
コーンスターチ………………20g
パン粉…………………………適量
揚げ油…………………………適量



ナムチム にんにく(すりおろす)…10g ナムプラー…………………大サジ1杯 酢……………………………50cc 砂糖…………………………80g 水……………………………50cc チリソース…………………大サジ1杯 プリックポン………………適量

1.えびからコーンスターチまでの材料をロボクープに入れ、粒の残る粗いペースト状にする。中身をボールに移し入れ、氷水の上でよく冷やす。
2.手のひらに油を薄くまぶし、1の生地を40gずつ(約13個)すくい取る。中の空気を抜くようにして丸め、上から押さえて厚さ8mmくらいの円形にする。油で揚げる直前まで冷蔵庫に入れて、生地を休ませる。
3.油を火にかけ、150〜160度くらいに熱する。
4.好みで2の生地にパン粉をまぶし、油に入れてゆっくりと淡く色づけるようにして揚げる。油をよく切って皿に盛り、熱々を食卓に運ぶ。好みでよいが、ナムチムをつけて食す。