食材 紅ザケ(姫マス)



名前
紅ザケ(姫マス)
べにざけ
英名sockeye salmon,red salmon,blueback salmon,kokanee
語源名の通り、身の色の紅色からこう呼ばれる。
別称紅マス、ベニ、アカザケ(降海型)、ヒメマス、チップ、カバチェッポ(陸封型)
分類サケ科サケ属
種類・仲間サケ属の仲間としては、シロザケ、カラフトマス、サクラマス(ヤマメ)、サツキマス(アマゴ)、ビワマス、ギンザケ、マスノスケ、ニジマス
生態・形態特徴 海洋で捕獲されるベニザケと、その陸封型であるヒメマスがいる。
<ベニザケ>
 体長60〜70cm程。
 産卵の時期に現れる婚姻色は赤で、特に雄は深紅色に染まる。また、吻(ふん)が伸び、上あごはかぎ状、下あごの先端も上に曲がる。
 北太平洋、ベーリング海、オホーツク海に分布する。幼魚は湖で1〜2年過ごし、降海して海洋で2〜3年過ごす。北太平洋を回遊し、上流に湖がある川を遡上し(5〜10月)、産卵する。基本的に日本には遡上する川はない。
<ヒメマス>
 形態はほぼベニザケとほぼ同じだが、背面と尾びれに黒点があるものがいる。体長は30cm位。
 産卵期は9月下旬から11月上旬で、産卵後は雌雄ともに死ぬ。
 国内で自然分布するのは阿寒湖などで、北海道や本州の他の湖へ移植されたものが定着している。
原料
(加工品のみ)
原産
入手時期・旬
産地
加工物
リンク集

リンクされています