食材 カラフトマス



名前
カラフトマス
からふとます
英名pink salmon,pink,humpback salmon,humpback
語源
別称マス、セッパリマス、セッパリ、ホンマス、ラクダマス、ラクダ、アオマス、カニマス、オオマス、カンマス
分類サケ科サケ属
種類・仲間サケ属の仲間としては、シロザケ、ベニザケ、ヤマメ(サクラマス)、サツキマス(アマゴ)、ビワマス、ギンザケ、マスノスケ、ニジマス
生態・形態特徴 背面、尾びれ、脂びれに黒色の斑点がある。特に尾びれのものが大きい。
 全長は60cm前後で、サケ属の中で最も小型。
 雄は産卵期になると背びれの前の部分が盛り上がり(北海道ではセッパリマスとも呼ばれる)、吻(ふん)は伸張してかぎ状となり、体色が変化する。一方雌は、体形は変わらず体色が変化するだけである。
 稚魚は河川生活期が短く、すぐに海へと向かう。海洋で約1年半過ごした後、夏から秋に河川に遡上する。
 母川回帰本能(生まれた川に帰る)は他のサケ・マス類より弱く、約60%と言われている。
 北太平洋、ベーリング海、オホーツク海、日本海に分布する。
 サケ缶に加工されることが多い。
原料
(加工品のみ)
原産
入手時期・旬
産地北海道オホーツク沿岸
加工物サケ缶
リンク集

リンクされています