食材 高等ねぎ



名前
高等ねぎ
こうとうねぎ
英名
語源 高等の文字は小ねぎの中の等級の高いものという意味から。
別称鴨頭ねぎ、小ねぎ
分類ユリ科の多年草
種類・仲間九条太、九条細、越津、小ねぎ、芽ねぎ
生態・形態特徴 昔は小わけぎをフグの薬味として使う場合が多かったが、嗜好が風味の強いものから弱いものへと変化した結果、小ねぎを使うことが多くなってきた。鴨頭ねぎは小ねぎの中では最高級品で最も細い。下関市の郊外の安岡、福江一帯で栽培されている。
 他の地方でも小ねぎは栽培されているが、この地方では細く長さが揃っているものを1本1本選別して摘み取っていき、それからさらに選別したものを干したカヤで300gに束ねる。
 鴨頭ねぎは緑色の濃いものほど良質とされる。
原料
(加工品のみ)
原産
入手時期・旬
産地山口県下関市安岡、福江一帯
加工物
リンク集

リンクされています