食材 モロブラッド(ブラッドオレンジ)



名前
モロブラッド(ブラッドオレンジ)もろぶらっど(ぶらっどおれんじ)
英名
語源
別称ブラッドオレンジ、オレンジサンギーヌ
分類スイートオレンジ類 ブラッドオレンジ
種類・仲間
生態・形態特徴比較的新しい品種で、サンギネロモスカートから発生。
タロッコほど有名にならなかったが、優秀性が認められ、増加傾向にある。
色素の発現は、果皮では顕著ではなく、全く発色しない場合もある。
しかし果肉には強い発色があり、濃色系に属する。
ブラッドオレンジの中で最も早生。
果実もかなり大きい。
スペインではモロカタニアと呼んでいる。
樹勢は中、極めて豊産。
果実の大きさは中〜大で、球形ないし倒卵形。
果梗部にいくらかの溝があり、果頂部は平ら。
種子は2〜3粒あるいは無核。
果皮はやや厚く、むきにくい。
表面は、やや粗く、橙色に赤い色を帯びる。
果肉に色は赤色が濃く、紫赤色。
多汁で風味がよく、ブラッドオレンジ中最も早熟。
貯蔵性・輸送性に富む。
成熟が進むと特徴のある芳香を放つが、長期貯蔵すると品質が低下する。
原料
(加工品のみ)
原産イタリア(シチリア)
入手時期・旬
産地イタリア(シチリア)、スペイン
加工物
リンク集

リンクされています

私のメニューブック・オレンジ