食材 リンゴ



名前
リンゴ
りんご
英名apple
語源
別称西洋リンゴ
分類バラ科リンゴ属 花托が肥大した部分を食用とする仁果類
種類・仲間 ふじ、ゴールデンデリシャス、紅玉、王林、陸奥、ジョナゴールド、つがる、国光。北斗、世界一、千秋(せんしゅう)、スターキングデリシャス、アルプス乙女などの他外国からの輸入リンゴがある。
 また、サン**という名前のついたものは無袋栽培のもので、太陽を浴びさせて育てるため、見た目が悪いものもあるが甘みがあり、味がよい。
生態・形態特徴 古くから果実の代表で、神話や伝説などに登場している。
 かつては小型のものが中国から伝わっていたようだが、現在の日本のリンゴはヨーロッパ系のものが、さまざまに改良されたもの。
 野菜や果物の熟成を促進するエチレンを多く発生するので、他のものと一緒に保存すると変質が早まる。逆に、未熟な果物などを一緒にしておくと早く熟成する。
 ふじなどに見られる「蜜入り」と呼ばれる部分の甘さの成分は、天然甘味料の一つであるソルビトールである。
 皮の色には赤と黄色の系統があるが、品質は一般に色が濃く、指ではじいて澄んだ音のするものが良いとされている。
原料
(加工品のみ)
原産コーカサス地方を中心とする地域
入手時期・旬 日本では7〜11月にかけてさまざまな品種が収穫される。現在では、CA貯蔵の開発により一年中出回るようになっている。
 また、少量だが韓国、ニュージーランドなどから生鮮品が輸入されている。
産地青森県、長野県、山形県、岩手県、福島県、北海道
加工物ジュース、ジャム、リンゴ酒、乾燥
リンク集

リンクされています

私のメニューブック・リンゴ