食材 ココナッツ



名前
ココナッツ
ここなっつ
英名coconut palm
語源
別称ココやしの実
分類ヤシ科
種類・仲間
生態・形態特徴 ココやしの種子。ココやしは熱帯に分布する多年生の高木。
 果実は長さ20〜30cmほどの卵形で、薄い外果皮の下には繊維状の厚い皮があり、さらに中には硬い核(内果皮)がある。
 まだ未熟な実をヤングココナッツとも呼び、種子(核)の中の果汁を飲料に利用する。熟するにつれ、種子の中には白い果肉ができ、ゼリー状から固形の層(胚乳)に変わっていく。
 この胚乳を乾燥したものはコプラと呼ばれ、油脂原料に用いられる。また、細く切ったり粉末にして料理、製菓に用いられる。
 若い新芽はパームハートなどと呼ばれ、サラダなどに用いられる。
原料
(加工品のみ)
原産南アメリカ
入手時期・旬
産地フィリピン、タイ
加工物ナタ・デ・ココ、ココナッツミルク、ココナッツクリーム、ココナッツフレーク、パルミット缶(パームハート)
リンク集

リンクされています