食材 ぶどう



名前
ぶどう
ぶどう
英名grape
語源
別称
分類ブドウ科ブドウ属
種類・仲間
生態・形態
特徴
 果実は液果で、多数で円錐形の房となり垂れ下がる。果皮の色は品種によってさまざまで、形も球形から扁球形までさまざまである。
 ヨーロッパブドウとアメリカブドウに大別され、さらにこれらの雑種が数多く作られている。
 ヨーロッパブドウは乾燥した気候を好む為、日本での栽培には不向きだが、マスカット・オブ・アレキサンドリアはガラス温室を利用して栽培されている。
 アメリカブドウは比較的雨の多い地方でも栽培できる為、日本でもデラウェアなどさまざまな交雑種が作られている。
 最近ではジベレリン処理により、種なしの出荷が多くなってきている。
※ジベレリン・・・植物ホルモンの一種で、ブドウの開花の前後に2回この水溶液につけると、種がないまま果実が成長する。
原料
(加工品のみ)
原産ヨーロッパブドウ-中央アジアのカスピ海南部から黒海にかけて。
アメリカブドウ-北アメリカ
入手時期・旬 国内物は、8、9月に最盛期を迎える。
産地山梨県、長野県、岡山県、山形県
加工物ワイン、ブランデー、干しブドウ、ジュース
リンク集

リンクされています