食材 ヒトエグサ(一重草)



名前
ヒトエグサ(一重草)
ひとえぐさ
英名
語源
別称アーサー、あおさ
分類ヒトエグサ科
種類・仲間ヒロハノヒトエグサ
生態・形態
特徴
 本州太平洋岸の中部から南西諸島まで分布。
 岩上などに生える。大きさは5-15cm、鮮やかな緑色で、薄くやわらかい。
 各地でアオサと呼ばれるものは、ヒトエグサである場合も多く、養殖も行われている。
 乾燥品としては、海苔のように刻んですいた青板、またそのままの青ばらがある。
 沖縄では伊江島産の天然物が有名で、汁の実として古くから利用されてきた。
原料
(加工品のみ)
原産
入手時期・旬4-5月
産地九州各地、沖縄県、三重県、香川県
加工物青板、青ばら、海苔佃煮
リンク集

リンクされています