食材 えびいも



名前
えびいも
えびいも
英名
語源 芋の形が海老の様に曲がり、表面に縞模様があるところから。
別称
分類サトイモ科 親子兼用品種。唐芋(とうのいも)グループに属する。
種類・仲間
生態・形態
特徴
 親子兼用種の一つで、唐芋群の品種。特にその小芋の形状がエビに似た独特のものとなっている。
 ほくほくとした粉質で、やや硬く独特の味わいがある。
 親芋の回りに5-6個の小芋が出来、これを肥大しエビ状に育て上げる。
 まず親芋の茎を切り、子芋の葉に太陽が十分に当たるようにすることで成長を促す。さらに海老状に芋を曲げる為、親芋の茎と子芋の茎の間に土を入れる。数回にわたる土寄せを行うことで、土の重さで芋がエビ状に曲がってくる。特に京都のえびいも作りでは、4-5回の土寄せを行う。
 京都の料理、「いもぼう」で有名。
原料
(加工品のみ)
原産インドを中心にした熱帯アジア
入手時期・旬
産地静岡県、京都府
加工物
リンク集

リンクされています