tsuji 辻調グループ 学校案内サイト

GLOBAL SITE

研修生レポート2012/11/03

江戸 しおりさん 「Patisserie CASSEL」

江戸 しおりさん
EDO Shiori
千葉・銚子市立銚子高等学校 卒業
[エコール 辻 東京] 辻製菓技術マネジメントカレッジ 卒業
2012年春コース レクレール校 製菓研究課程
研修先:「Patisserie CASSEL」

パリの南70km、列車で約40分のところにあるフォンテーヌブロー。
歴代フランス王が愛したその街に、パティスリ・カッセル Patisserie CASSELはあります。
ご主人のフレデリック・カッセル Frederic CASSEL氏は
フランスの名だたるパティスリが加盟するルレ・デセール Relais Desserts協会の会長を務めているパティシエです。
このお店で研修中の江戸しおりさんから、約1ヵ月半が過ぎた現在の状況をレポートしてもらいました。

edo_1.jpg edo_2.jpg
(左)みんなで食事に行ったときの写真。一番右が私です!
(右)フォンテーヌブローはのどかで便利な町です。これがお店の外観です。

「臨機応変!それが大切」
研修開始からまだ2ヶ月もたっていませんが、ここでは本当にいろんな仕事をさせてもらっています。
パティスリだけではなくたまにトレトゥール(お惣菜)も担当します。
そして夕方からはサロン・ド・テ(直営カフェ)で接客したり、包装や、たまーーにショコラトリのお手伝いもします。

edo_3.jpg edo_4.jpg
(左)サロン・ド・テはこんな通りにあります。
(右)パティスリからガトーが何種類か運ばれてきます!マカロンにはいろんな種類があります。

朝は5時半から(土曜日は4時)始まります。
まず、プティフール、ガトー、サレの仕上げをして、一通りお店に出し終わったら翌日の焼き物の仕上げに移ります。
これは冷蔵しておくと、朝一で窯担当のお じいちゃんが焼いてくれるという流れです。
ババやタルトが仕込んであったら、ナパージュがけして冷凍しておきます。
そのあとはマカロンの仕上げがあったり、暇な日は先輩のお手伝いをしたり、本当に臨機応変です。
従業員はみんな気さくで、仲良しなので、職場の雰囲気はとてもいいです!

edo_5.jpg edo_6.jpg
(左)めっちゃ優しくておもしろいショコラティエのダニエル!
(右)このフローリアンをはじめ、お店の人はみんな優しくておもしろい!

ラボでの仕事が終ったら、歩いて5分くらいのところにあるサロン・ド・テに移動します。
そこでまずはドリンクやナプキンなどの備品の補充と洗い物を一通り片付けて、接客を担当します。
お客様と接する仕事もできるので勉強になります。
注文とって、ドリンクをつくって、提供して、片付けて...をほぼ1人でやりますが、
レジにはフランス人がいて、たまに「サヴァ?Ca va?=大丈夫?」って聞きに来て、
「ウィ」って言ったら戻っていきます(笑)。
必要に応じてショコラやコンフィズリーの包装をして、閉店作業までしたら終了です。

ちなみに、うちのシェフは多分日本好きです。ショコラには、ゆずや桜味があります。
パティスリーにもいちごっていうガトーがあったり、「バンザイ」っていう木の形をしたチョコの商品があるんですけど、
もしかすると盆栽とかけてる!!?もしくは、本当に盆栽をバンザイと間違えてるのかもしれません(笑)

edo_7.jpg edo_8.jpg
(左)サロン・ド・テにて。手にしているのは「バンザイ」という名のチョコです。
(右)家とサロン・ド・テ(直営カフェ)の間に、週末マルシェも出ます!

「学生とは違うプロの世界」
約1ヶ月半、仕事をしてみて感じたのは、「学校とは全然ちがう」ということ。
日本にいる頃や、シャトーにいる頃は、
フランス校の学生として10ヶ月間生活してその中の5ヶ月が研修というイメージでしたが、
実際にスタージュが始まってみると、学生としてではなく、完全に従業員として仕事をしてるって感じです。
スタージュで重要なことは、
お店の人からいろいろなことを教えてもらって自分のスキルアップにつなげるというよりは、
お店のために働いてその中で自分が何を学ぶかだといま強く感じています。
仕事だけでなく、フランスでの毎日生活のなかにも自分のプラスになることがたくさんあると思います。
たとえば私は、サロン・ド・テで働くようになって紅茶にすごく興味がわいてきたので、
お茶屋さんに通って紅茶の勉強をしたりもしています。

edo_9.jpg edo_10.jpg
(左)ショコラトリのエンローバーは学校より大きいです!テンパリングは機械で自動でやってます。
(右)近所のすてきなお茶屋さん。かわいい急須なんかも売ってます。

「仕事とともに、フランス生活を満喫!」
仕事以外の時間もしっかり楽しんでいます!
町のかわいいお店を巡ったり、カフェでお茶したり、フランス人の仲間たちとワイワイ騒いだり。
生活には特に不自由はありません。
住居はお店の上の1DKで、洗濯機がないのと、シャワーがタンク式でお湯が15分しか出ないこと、
冷凍庫がないことがちょっと不便ですが、馴れれば何ともないです。
むしろそれ以外は快適そのものです!
食事は朝は仕事のめどがついたらみんなでパンとか食べてますし、
昼・夜はお店のものを好きにもらえるので、新しいガトーの試食も兼ねて毎日タダご飯です(笑)
実際、週一のコインランドリー代でトータル16ユーロしかかからないです。

edo_11.jpg edo_12.jpg
(左)ある日のご飯。プティフール、プティサレ、サラダ!
(右)同僚の日本人が一時帰国するというので、送別パーティーを開催!

休みの日はパリへ!と行きたいところですが、いつも仕事に全パワーを注いでいるので、
ゆっくり過ごしていることが多いです。
カラダが資本のこの仕事は、健康第一! 寝て体調を整えるのも大事です!社会人の基本です(笑)
でも先日は休みを利用して、一緒に働いているアプランティ(見習いパティシエ)と
ディズニーランド・パリに行ってきました!
これからも、ますますフランス生活を満喫して、充実した研修にしたいと思います!

edo_13.jpg
ディズニーランド・パリを満喫!