OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

日本料理のブログで授業見学104 グループ実習「最終回!」後編です

辻日本料理マスターカレッジ

2020.02.07

今日の実習もそろそろ仕上げの段取りとなります。
渡邉くん余裕の笑顔だけど大丈夫か?


大迫さんが盛り付けているのは焼いた大根です。あまり大根を焼くとか聞かないよね。
実は大根は焼くと香ばしく甘みが出てうまいのです。ポイントはごま油で焼くとうまいぞ!

写真のように焼けた大根に串を刺して「スーッ」
と通ればいい感じとなります。

槌井くんが豚バラ肉を炒めます。
これと焼いた大根をこの後、
盛り合わせます。

こちらでも畠くんが豚バラ肉を炒めています!
畠くん鍋振りすぎや!まわりにこぼれてるで!」(笑)

炒めた豚バラと大根を盛り合わせます。
もうすぐ完成です!

各テーブルでも並行して様々な料理の仕上げが順調のようです。

カニの南禅寺蒸しを仕上げる大迫さんと千竃さん。
この後は蒸して火を通します。

カニの南禅寺蒸しを蒸している間に上からかかる「わたあん」を作ります。
カニの卵とわたをたっぷりと合わせだしに加えます。

仕上がりはこうなります! 



並行して奥村くんが盛り付けをして、水本くんが船場汁のだしを器にはります。
ぜひとも熱々で食べたい一品です。またこのネギが相性いいのです。


鯖の味噌煮も並行して仕上げます。盛り付けるとき器に味噌がつくと目立ちます。
慎重に盛り付けますが器の周囲に味噌がついた!
その時はフキンできれいに拭きとる余裕が大事ですね。立派だ。

最後に土鍋で炊いて蒸らし終えた白ご飯を盛ります。
これぞ「
銀シャリ」絶対うまい!


最後の実習も決められた時間に完成!
さあ食べよう!

全員そろって「いただきます!」




冬の贅沢な味覚を存分いただきます!
今日でグループ実習も終わり一段落です。

残すは学生たちで考案したメニューでの実習となります。
気合入れていこー お疲れさまでした。