OSAKA

本科授業 コーヒー編

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2016.07.25

こんにちは、トーマスです。

今日は5月に行われたコーヒーの授業を紹介するね。

今回は芦屋にある「トレファツィオーネ リオ」の八木先生にコーヒーの基礎から教えて頂いたんだ。

3週間に渡り授業があって、まず1週目は基本の講義の様子を紹介するね。

コーヒーのお話を聞きながら、品質の高いコーヒーとそうでない物の飲み比べをしたんだ。

意外と難しかったようで、普段飲んでる味を、品質が良いと判断した学生も3割位いたねふらふら

次は2週目と3週目の様子だよ。

2週目に手網を使っての焙煎や焙煎機での焙煎、あと初めて「カッピング」ていうのをやったんだ。

カッピングっていうのは、焙煎して挽いたコーヒー豆に直接お湯を注いで、浮いた豆殻を取り除いてコーヒー液をスプーンで吸い込んで味を確かめるんだ。

この方法がコーヒー豆の特徴を調べるのに最も適した方法らしいんだ。

品質の高い豆をカッピングしてみると、「はちみつ」のような甘い香りや「アプリコット」のような果実のような香りがするんだって。

先生たちも3つの班に分かれて教えてたので、残念だけどあまり写真が取れてないらしい。。。もうやだ〜(悲しい顔)

3週目は前にみんなが焼いたコーヒー豆を、カッピングをして味を確認した上で、ドリップで抽出したんだ。

いろんな色にコーヒーが焼けてるねわーい(嬉しい顔)

豆を計量して・・・

お湯の温度も測って、

初めてのドリップコーヒーを美味しく淹れようと緊張してるね。

アドバイスを貰って、

美味しく淹れれたかなexclamation&question