OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

実際のカフェみたいにお迎えします!!

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2020.09.11

今回は接客をメインで行っている実習をのぞき見してみます。

学生たちが
 1.お客様チーム
 2.サービススタッフチーム
 3.料飲提供チーム
に分かれて、実店舗をイメージして実習を行っています。


「いらっしゃいませ!!」
お客様が来店されました。
気持ちの良い挨拶、丁寧な対応など心がけてお迎えします。


メニューを見ながら注文を考えます。
「どれにしようかな~。」
(と、いいつつ、この日のメニューは決まってますが・・・。後期になれば選べるようになります。)
サービススタッフチームは、注文をとりに来るタイミングなど、
お客様の動きをしっかり察知できるようにアンテナをはってます。


本日のメニューは「舌平目のグジョネット」です。
(「グジョネット」とは白身魚の身を「グジョン」という小魚に見立てて衣をつけ、油で揚げた料理です。)
ちゃんと商品説明もできるか、お客様チームはわざと質問している人もいます。
お水がなくなったのに気づいてもらえるか?なんて思って、水を飲みほしている人もいたり。
実際自分たちがお客様として実習することにより、お客様の立場に立って、
「こういう時にはこうしてもらえたら嬉しいなぁ」ということが考えられるようになっていきます。


基本的な配膳の仕方や姿勢、動作、チームの連携なども含めて
お客様チームは評価シートに良かったところ、改善点などを書き出していきます。
ただ食べているだけではなかったんですね!!
みんな真剣に動作をチェックしています。

終了後はみんなで今回の実習の振り返りを発表しあいます。
お客様からサービススタッフチームへの評価だけでなく、料飲提供チーム、サービススタッフチーム
それぞれも今回の良かった点、改善点を洗い出します。

こういうトラブルがあったけど、どういう風に改善すればよかったか?
こういう対応してみてうまくいった!!など全員で共有し、次の実習につなげます。

後期はカレッジホールという大きい教室を使って、事務職の先生方もお客様になってもらい、
自分たちが仕込んだ料理やお菓子を提供します。

また、その様子もお届けします。
みんなの成長した姿をご期待ください!!