tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

エコール 辻 大阪ブログ

のぞき見ヴァージョン2019

みなさ~ん! こんにちは!! フランス・イタリア料理マスターカレッジのブログですよ!!

またまたやってきました新年度、初の"のぞき見シリーズ"

"のぞき見ヴァージョン2019"で始めて行きま~す。わーい(嬉しい顔)

今回は最初の理論で、テーマは「西洋料理の学び方」です。

それでは早速、教室をのぞき見しましょう!!

1時限目は一年間の授業計画、西洋料理の学び方(ポイントや「なぜ」)、ノートの取り方、まとめ方を

パワーポイントを使いながら、学生とやり取りしながらの授業です。

2限目は実際に料理を作りながらノートの取り方、どうい言うところに着目するか?

絶えず疑問を持つことなどを説明しながらの授業になります。

それでは2限目をのぞき見しましょう!

料理名はFilet de bɶuf Rossini  『牛フィレ肉のロッシーニ風』

ロッシーニとはイタリア人のオペラ戯曲の作曲家で美食家でも有名です。

この人の名前がつけられた料理です。なぜこの人の名前がつけられたかは

入学された方には授業で説明があるかと思います。楽しみにしていてください。わーい(嬉しい顔)


最初の理論授業という事もあり、休憩時間には質問や興味深々の状態で集まり、

授業中も食材の写真を撮ったり、ノートを真剣に書いています。


下:グラタン・ドフィノワです。美味しそうですねかわいい


学生も試食です。味を覚える、味の記憶を蓄積するという事も勉強の一つです。


最後は復習プリントを書いて終了です。

こんな感じでフランス料理とイタリア料理を学んで行きます。

さあ一年は長いようで短いからね!!

楽しみながらしっかりと勉強していこうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ガンバレパンチ

資料請求

オープンキャンパス

出張相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント