水分の調節

全体にしっとりとしていてベタつかず、弾力があればよいが、水分が少ない部分があれば、取って置いた水を足して調節する。

粉っぽい部分、他より乾いた部分に水を足す。