www.tsuji.ac.jp 辻調グループ校 学校案内サイト www.tsujicho.com 辻調グループ校 総合サイト blog.tsuji.ac.jp/column/ 辻調グループ校 「食」のコラム



ガトー・バスク

<配合>直径18cm高さ4cmのもの1台分
パータ・ガトーバスク


バター(食塩不使用)……… 200g

砂糖…………………………200g
塩……………………………2.5g
卵(M寸)……………………1個
卵黄…………………………2個
ラム酒………………………25ml
薄力粉………………………335g  ふるう
ベーキングパウダー…………1g

カスタードクリーム

牛乳……………………250ml
バニラのさや……………1/4本(バニラエッセンスでもよい)
卵黄……………………3個

砂糖……………………75g
薄力粉…………………30g
ラム酒………………… 25ml

塗り卵
打ち粉(薄力粉又は強力粉)

強力粉の方が固まりにくく打ち粉に適している。



ボウル(直径24cm位) …………………1
A立て器…………………………………2
ゴムべら…………………………………2
コルヌ……………………………………1
めん棒 …………………………………1
はけ ……………………………………1
バット……………………………………1
粉ふるい又はザル………………………1
セルクル(直径18cm/高さ4cm)…………1
絞り出し袋………………………………1
口金 ……………………………………1
オーブンプレート ………………………1
オーブン…………………………………1
網 ………………………………………1



1. バターを常温にしておく。





<パータ・ガトー・バスクを作る>

<カスタードクリームを作る>



<パータ・ガトー・バスクを型にしき込み焼く>

1. 冷え固まった生地の内2/5を、のばしやすい固さにまとめる。
2. 打ち粉を使い、めん棒でのばす。 3. セルクルより少し大きめにのばし、冷蔵庫で冷やす。
4. 残りの生地を、セルクルの周囲より約4p大きくのばす。 5. 4.をセルクルの内側に敷きこむ。 6. 300gのカスタードクリームに、ラム酒を入れて戻す。
7. カスタードクリームを絞りだし袋に入れる。 8. 冷えた3.の生地を空気が入らないように上にかぶせる。 9. めん棒を使い、余分を切り落とす。
10. 塗り卵を表面に均一に塗る。 11. フォークなどで模様をつける。 12. 160℃のオーブンで約1時間焼く。
中のクリームは柔らかいままなので、表面の色や時間で判断すると良い。
13. 焼きあがればセルクルをはずし、網にとって冷まして出来上がり。





<パータ・ガトー・バスクを作る>

1. 柔らかいバターに砂糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。 2. 溶き卵を少しずつ加えては良く混ぜる。 3. ラム酒を少しずつ混ぜいれる。
4. 粉を加え、切るようにしてまとめる。 5. 全体が均一になれば混ぜるのをやめる。 6. ビニール袋に入れ、平たくして冷蔵庫で冷やし固める(1〜2時間)。

中央に火が通ったかが判りにくいお菓子ですので、使用する型の高さに注意してください。
(型の高さは、4cm以上になると、うまく焼きにくい。)
小さな型でも、生地やクリームの厚みを変えれば同じ様にできます。
出来上がった物は、冷まして、なるべく早く(翌日までに)食べてください。

[an error occurred while processing this directive]