tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

食の業界で活躍する卒業生

快挙!卒業生の宮崎辰さんが世界チャンピオンに輝きました。

世界NO.1のサーヴィスを決めるコンクール「クープ・ジョルジュ・バティスト」が、
2012年11月6日(火)~10日(土)の5日間、東京都内で行われました。

そして見事、日本代表として出場した辻調グループ卒業生の宮崎辰さん(シャトーレストラン ジョエル・ロブション)が、世界一に輝きました。
宮崎さん、おめでとうございます!!

_MG_419.jpg


「クープ・ジョルジュ・バティスト」は、1961年にフランスで設立され、今ではヨーロッパで最も権威のあるサーヴィスコンクールです。サーヴィス業界のプロと学生を対象に、フランス国内大会やヨーロッパ大会、世界大会を開催しており、今回が、5回目の世界大会となります。

今回のコンクールのでは、9つの課題が用意されていました。
デクパージュやカクテルなどの技術面に加えて、立ち振舞い、表情・目線・食材に関する知識までも審査のポイントとなる非常に難易度の高いコンクールです。
また、このコンクールでは、母国語以外の言語のスキルも問われるので、審査員とのやり取りは、英語または、フランス語で行われました。

CIMG1303.JPG CIMG1305.JPG

 

CIMG1322.JPG CIMG1323.JPG 


宮崎さんは、以前、当校のインタビューでこんなことを話してくれました。

宮崎さんのインタビュー抜粋
私の目標
まずは、今年のメートル・ド・セルヴィス杯で優勝することが目標です。そして、来年の世界大会に出場し、日本代表として世界一のメートル・ドテルになることです。
その後はフランス料理界に貢献できるよう、セルヴィスの後進の育成指導をしながら、新たな夢を探し続けたいと思っています。
(全文はこちらから⇒https://tsuji.fr/sotugyo/so100225.html


まさに有言実行!今後の活躍にも期待しましょう!!

CIMG1324.JPG


最後の写真は、、今回のコンクールを手伝った辻調理技術研究所の研究生2名と記念撮影。

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント