tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとるtsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

【在校生紹介】辻調理師専門学校・織田 祥希さん


辻調グループには、
目標に向かって再進学し、学んでいる学生がたくさんいます。

「入学前にはどんなことを考えましたか?」
「入学後の生活は、いかがですか?」

そんな気になる
話を聞かせてもらいました!

辻調理師専門学校 キャリアクラス 織田 祥希さん

◆入学までの経歴
高校を卒業して大学に進学しましたが2年で中退。1年間フリーターをしていました。

◆料理人・パティシエを目指したきっかけや、いつ頃から目指していたのか?
大学時代にはじめた居酒屋のアルバイトで料理を出したり、
お客さんに喜んでもらえるのが楽しくて、徐々に大学の勉強よりもそちらに
心が動いていきました。大学の勉強には集中できなくなっていたし、
そのまま続けるよりは、将来何をするかをじっくり考える意味でも退学を決めて。
アルバイトを続けながら、生活を考えて別の職業も調べたりして。
でも勉強は苦手だけど料理は続ける自信があった。将来自分の店を持つことを自分の目標にすることにしました。

◆辻調グループに入学したきっかけや、学校を選んだ理由(ポイント)
アルバイト先の店長と社長が辻調の卒業生だったんです。
本気でやりたいなら、一度見てきたらいい、基礎を学んできたらいいと
すすめてくれて。学校をよく知っている人が薦めてくれるのだからと、
ほかの進学先と迷うこともありませんでした。

◆オープンキャンパスなどの印象
授業見学で来校し、まずは設備がすごい!と衝撃を受けました。
見たこともなかったので、興味がぐんとあがって。
試食したお菓子も、これまで食べたことがないくらいおいしくて。

◆入学前に不安はなかったか?
あまりなかったですね。誰とでも気軽に話ができるタイプだし、たった1年。
どれだけしんどかったとしても頑張れるだろうと思って。
学生時代は野球部でたいへんなことも経験してきたし、そこは自分で自信もありました。
やりたいことを見つけるための時間を過ごしていたので、ほかの仕事の誘いもあったし、
ほかの仕事に就くための勉強も続けていた。そんなふうに迷ったりもしましたが、
家族も後押ししてくれて、最後は自分で決断しました。

◆入学して良かったことは?
料理の勉強は新鮮なことばっかりで。基礎が身につくのが実感できるし、
一つひとつこんな方法もあるんだ!と新しい発見だらけです。
好きな授業は理論。先生の手際の良さは見ていて惚れ惚れするし、知識が多いのも格好いい。
こんなふうになりたい、と素直に感じています。
担任の先生もいい距離感で接してくれていると思います。

◆クラスの雰囲気は?
毎日が楽しいですね。友人と話すのがとにかく楽しい。
年齢が幅広くて色々な人がいるところは本当に面白くて、色々な知識をもらえる。
本当に好きな環境だなと思います。気持ちもすっと学生に戻った感覚で。
実技試験では久しぶりに本気の緊張をしたと思います。その緊張感も含めて、楽しめています。

◆卒業後の進路予定は?
いまもアルバイトを続けていて、進学を勧めてくれた居酒屋風の焼き鳥店では、
卒業後は本格的に働かないかと声をかけてもらっています。
勉強のために別のジャンルやお店を見に行きたいとも考えていて、
いつかは自分の店を持つのが夢です。お酒やお酒を囲んで人が集う場が本当に好きで楽しいので、
ジャンルは絶対に居酒屋。しっかり料理がおいしい高級居酒屋です。
ただ、いまは視野を広げるため色々なものを見て、経験したい気持ちが大きいですね。

◆この分野を目指している社会人・大学生へのメッセージ
僕は、絶対来い!と言いたい。一度社会に出てからの進学する決断は
大きいものだと思います。思い切りや勢いも必要だと思いますが、
僕は来てよかったと思っているので。料理の基礎が学べるのはもちろん、
細かい衛生観念も身につきます。あとここに入って価値があるなと感じたのは人脈。
韓国から来られている10歳以上年上のクラスメイトがおられるのですが、
店を開く予定がもうあって、手伝ってほしいと声をかけてもらったりもしています。
同世代ばかりの環境ではないことだし、縁がつながって広がっていく。
そんな環境に価値を感じています。

一覧へ戻る