tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとるtsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

【在校生紹介】辻調理師専門学校・山尾 篤輝さん


辻調グループには、
目標に向かって再進学し、学んでいる学生がたくさんいます。

「入学前にはどんなことを考えましたか?」
「入学後の生活は、いかがですか?」

そんな気になる
話を聞かせてもらいました!

辻調理師専門学校 キャリアクラス 山尾 篤輝さん

◆入学までの経歴

高校を卒業してから大学へ進学し、その後は消防士をしていました。

◆料理人・パティシエを目指したきっかけや、いつ頃から目指していたのか?
高校の頃から居酒屋風の飲食店でアルバイトをしていて、
大学に進学をしても続けており、その経験から料理って楽しいなと思うようになりました。
接客してお客さんが「おいしい」といって笑顔になってくれることが本当に嬉しくて、
卒業時は進路を迷ったほど。ですが、親のすすめもあったし、
仕事の安定面での安心感も大きかったので、そのときは消防士を選択しました。

◆辻調グループに入学したきっかけや、学校を選んだ理由(ポイント)
まわりの人から話を聞いていて、学校で迷うことはありませんでした。
一度は自分の目で見ないと、とオープンキャンパスに参加。
雰囲気も良いと感じて、すぐに進学を決意しました。

◆オープンキャンパスなどの印象
先生と接して、とてもフレンドリーな印象がありました。
料理も全然できないしどうかな、と不安もありましたが、思ったよりも緊張もしないし、
こんな環境でやりたいな、とすっと考えることができました。

◆入学前に不安はなかったか?
正直なところものすごく不安でした。安定した公務員からの、本当に一からのスタートだし、
どうなるんだろう、という気持ちも大きかった。
就職活動のイメージも全然ついてなかったし、高校生から始める人がほとんどなのだろうな、
と年齢も気になった。だけど、料理をやりたい!という気持ちが
本当に強かったし、思い切って挑戦しようと決めました。
両親からも心配されましたが、どこかのタイミングでは絶対に
料理の道を選択する気持ちにはなっていたので、チャレンジをするのなら早いうちに決断したい、
と気持ちを伝えて納得してもらい、最後には応援してくれました。

◆入学して良かったことは?
授業を受けていく中で、将来やりたいことやビジョンが
かなり具体的に考えられるようになってきました。
元々日本料理に興味があって、調理師免許をとって衛生に関する教養なども身につけて
自分のお店を開けたらと考えていましたが、入学して実習や理論を受けていく中で、
やるならば絶対にイタリア!という気持ちになっています。
パスタが何より好きという気持ちも大きいですが、
授業で見る先生たちの所作の格好よさにも、心惹かれた部分も大きいです。

◆クラスの雰囲気は?
仲がよくていい空気感だと思います。よくできた仕組みのクラスだなぁ、と。
自分自身もみんなで仲良くやりたいな、いい機会になればいいなと思って、
クラス全体で飲み会を企画したりして。幅広い年齢の方がいるので、
実習の授業のときに最初はどこまで踏み込んだらいいのかな?と気を遣ったりもしましたが、
上の方はやりたいようにやったらいいよ、合わせるよ!と声をかけてくれたりして。
とても寄り添ってくれます。最年長の方は両親よりも年上。本当に楽しく過ごせています。

◆卒業後の進路予定は?
まずは就職を考えています。いくつか気になるレストランを調べていて、
先生から教えてもらったお店も含め、これから実際に食べ歩きを重ねて
自分が働きたいところを見つけていこうと思っている段階で、絶賛就活中。
その後は、留学をしたい気持ちもあります。これも入学してから考え始めたことですが、
今はイタリア料理をやるなら本場を知るのは絶対だと思うので。
めちゃくちゃ話が合うクラスメイトが何人かいて、いま夢中になっていることや
将来のことをよく話しています。いつか一緒にこんなことができたらいいね!など、
本当に楽しくて、やっぱり同じ目標を持った友人は貴重な存在だなと思います。
経験をつんで、35歳までには自分の店を持つことを目標にしています。

◆この分野を目指している社会人・大学生へのメッセージ
人生は1回きりだし、やりたい気持ちがあるならやってみること。
実際自分は思い切って入学してよかったし、迷っていた部分があったところも、
入学後に見つけられたり、気づくこともありました。
色々不安もあると思いますが、みんな同じような不安を抱えています。
そこをお互い助け合いながら同じ目標に向かって頑張れる仲間ともこの学校で出会えます。
是非、一歩踏み込んでほしいなと思います。

一覧へ戻る