tsuji 辻調グループ 学校案内サイト

GLOBAL SITE

高度調理技術マネジメント学科 3年制

より深く「食」の力を探求し、
自分のテーマを料理で表現できる料理人へ。
3年制の高度調理技術マネジメント学科がめざすのは、料理が持つ力を最大限に発揮することで、社会を、世界を、動かすことができる料理人の育成。
料理をつくることで、自らの考えを示し、他分野の専門家との協働などに発展させ、新しい文化やビジネスの創出にも貢献できる人材です。
そのため、高度な調理技術といった「つくる力」はもちろん、人と社会と食の関わりを探究し、自分のテーマを料理で表現するための「考える力」の養成を徹底重視したカリキュラムを構築。
高い志を持つ学生のための新学科です。

第1学年
  • 実習 (392時間)
  • 理論・教養(600時間)
第2学年
  • 実習 / 演習(622時間)
  • 理論・教養(210時間)
第3学年
  • 実習 (492時間)
  • 理論・教養(320時間)

取得出来る資格・称号調理師免許、専門士、食品技術管理専門士、調理師養成施設助手、大阪府ふぐ取扱登録者証、技術考査、レストランサービス技能検定3級

学びの特色

ゼミ

少人数グループでテーマに基づく研究を行い、新たな料理レシピを創造する。第3学年では、第2学年で得た自らのテーマ・目標について、専門分野の先生の指導のもとに追究します。食材研究とともに、少人数グループによるゼミ形式で行う「総合演習」で議論を重ね、「調理研究実習」で技術向上、オリジナルのレシピとして形づくります。その成果を実際にお客様にコース料理として提供することで、調理師としての未来の自分のあり方を表現します。

実習

フィールドワーク

生産地や自然環境などを大切にし広い視野を持って料理をつくるマインドを持つ単においしいものをつくることに留まらない、料理人としての「社会の中での役割」を自覚し、広い視野をもって料理をつくるマインドを身につけることが大切です。本学科では、学生自身の目で見て聞いて、体感しながら学ぶ、食の現場でのフィールドワークやボランティア活動を全面的にバックアップ。生産者の方々と直接お会いし、リアルな現場を体験することで、生産地の地域性や自然環境、廃棄ロスなどの社会問題にも配慮した、料理研究を実践します。

理論
第1学年
技術の基礎実習調理師が果たすべき役割を理解するとともに、おいしい料理をつくるための基本技術を習得します。
技術の基礎実習
第2学年
後期は企業実習前期は専攻料理ジャンルの技術を修得。後期はプロの現場で、自分のスキルや課題を認識します。
後期は企業実習
第3学年
ゼミ形式で実習レシピ研究などテーマに基づいてゼミ形式で追究。自らのあり方を料理で表現できる力を養います。
ゼミ形式で実習
わたしはこうやって学びとる!
総合演習編を見る
専修学校・厚生労働大臣指定
大阪・あべの/辻調理師専門学校
大阪・あべの/辻製菓専門学校
専修・各種学校以外の教育機関
大阪・あべの/エコール 辻 大阪
東京・国立/エコール 辻 東京
フランス/辻調グループ フランス校