tsuji 辻調グループ 学校案内サイト

GLOBAL SITE

辻日本料理マスターカレッジ2019/07/10

日本料理のブログで授業見学18『グループ実習』

辻日本料理マスターカレッジ

本日の実習は鰯と鶏肉を使って4品作ります。

辻日本料理マスターカレッジ

実習前には事前に決めておいた役割分担の確認等、打ち合わせを行います。

辻日本料理マスターカレッジ

この鰯、まるまると太って美味しそう~。
実は冬場の脂の乗った時期に捕られて冷凍されたもの。
冷凍品だからと言ってバカにはできないとても旨い鰯なのです。

辻日本料理マスターカレッジ

鰯はきれいに開かれた後、小麦粉⇒溶き卵⇒ねぎ の順番に衣として鰯に付けて行きます。
美味しさの秘訣はねぎの中に乾燥した「麩」を細かくして混ぜています。
の効果は、焼き上がりがパリッとした状態に仕上がります!

辻日本料理マスターカレッジ

衣を付けた鰯はフライパンで焼き上げます!

辻日本料理マスターカレッジ

並行してもう一品「田楽」を作ります。
その際 必要な田楽味噌を火にかけ練っていきます。

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

鉄鍋に盛り付けられた田楽の具材、色合いも良く、きれいですよね!
あとは
オーブンで焼くだけ!
焼き上がりが楽しみ~

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

鰯と田楽は熱々を一緒にいただきます。
「鰯脂乗っててうまいよなぁ~」
田楽味噌は甘いイメージ有るけど、具材と混ぜると丁度いいよなぁ~」

辻日本料理マスターカレッジ

実習後半は鶏もも肉を使って2品の料理を作ります。
まずは串を打って塩焼きにします。

辻日本料理マスターカレッジ

本日担当の大引先生指導のもと塩焼きがスムーズに仕上がっていきます。

辻日本料理マスターカレッジ

焼き上がった塩焼きは熱々が一番うまい!素早く切って盛り付けます。
ッ!

辻日本料理マスターカレッジ

並行してフライパンで鶏もも肉を照り焼にします。
まずは香ばしく焼き上げます。
「皮の焼き加減はこれくらいかな?」
「もうちょっとちゃう」
言ってそう!

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

写真からも皮がパリッと焼けているのが伝わりますよね。美味しそう~ 
照り焼きの秘訣はタレをしっかりと煮詰めて、鶏肉にさっと短時間で絡めること!
決してタレの中で煮てはいけませんよ!

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

さあ、照り焼きも仕上がり盛り付けですが、大引先生から注意あり!
「仕事が早いのはいいがテーブルが汚いし盛り付けが雑!」反省がく〜(落胆した顔)

注意は素直に受け止め、まずはテーブルをきれいにして再度盛り付けます。
やればできる。最後はきれいな状態で盛り付け完了。
試食も美味しくいただきました。

お疲れ様でした。