tsuji 辻調グループ 学校案内サイト

GLOBAL SITE

キャリア・就職

食業界ガイド

料理の仕事とは何か、どうすればプロになれるのか
すべての疑問にこたえる食業界ガイド
料理の仕事に興味がある。プロの料理人になりたい。将来は自分の店を持ちたい。
そんな人たちのために、食業界とはどんなところなのか、どういう仕事があるのかを紹介します。

食の業界で活躍する卒業生 記事一覧

食の知識と技術で生涯の仕事をつかむ 食業界では一生続けたい仕事ときっと出会えます。努力の賜物である確かな技術と、豊かな知識が未来を約束してくれることでしょう。では、食業界とはどんな世界なのでしょう? 向いているのはどんな人なのでしょう? 食業界に進むためにやっておくことはなんでしょう? みなさんも考えてみてください。きっと食業界のトビラを開くことができるはずです。

「食」の仕事のやりがいって?

つくり手が、最終の消費者と直接コミュニケーションを図れる職業は少ないもの。食業界には「つくる喜び」と「人に幸せを与える喜び」を実感できる仕事が数多くあります。自分のつくった料理やお菓子、パンに対して、お客様が「おいしい」と喜んでくださる姿を見ること、それがやりがいなのです。

「食」の仕事に向いているのは?

食べることが好き!ものづくりが好き!人が「おいしい」と喜ぶ顔が好き!

手先の器用さは、さほど重要ではありません。
何度も繰り返し練習すれば、技術は身につけることができます。

今やるべきこと、できること

手先の器用さはさほど重要ではありません。
何度も繰り返し練習すれば、技術は身につけることができます。

調理・製菓系
調理・製菓系

調理師または製菓学校へ進学する人は、学校で初心者レベルから指導するので入学前に調理や製菓の技術を求められることはありません。中学・高校などの勉強でしっかり教養を身につけておくことと、立ち仕事のための体力をつけておくとよいでしょう。

栄養系
栄養系

栄養士は計算が大切な仕事なので、理数系の勉強に力を入れておくといいでしょう。また、高校生で4年制大学をめざす人は、受験勉強に取り組むことが大切です。