www.tsuji.ac.jp 辻調グループ校 学校案内サイト www.tsujicho.com 辻調グループ校 総合サイト blog.tsuji.ac.jp/column/ 辻調グループ校 「食」のコラム


ビュッシュ・ド・ノエル


約20cmのもの1本分

<コーヒー風味のスポンジ生地>

卵(Mサイズ)…………2個
砂糖………………………60g
インスタントコーヒー…小さじ1
ぬるま湯…………………小さじ1
小麦粉……………………60g         ふるう
牛乳………………………20cc


<バタークリーム>



パータ・ボンブ

卵黄………………………3個
砂糖……………………… 150g
水…………………………50cc

無塩バター……………………… 225g



<チョコレート風味のバタークリーム>

バタークリーム………………100g
カカオマス……………………20g
(無ければ甘みの少ないチョコレート)


<ラム酒風味のシロップ>

シロップ………………………30cc
ラム酒…………………………15cc



<仕上げ材料>

インスタントコーヒーを濃く溶いたもの…適量
赤と緑の食用色素……………………………適量
メレンゲのシャンピニオン

卵白…………………………………2個
砂糖…………………………………50g
砂糖…………………………………80g
コーンスターチ……………………10g

ココアパウダー………………………………適量
粉砂糖…………………………………………適量
好みのクリスマスグッズ


オーブン………………………………………1
オーブン用角プレート………………………1
パレットナイフ(曲がったもの)……………1
パレットナイフ………………………………1
ボウル…………………………………………2
泡立て器………………………………………1
木ベラかゴムべら……………………………1
鍋(直径10〜15cmくらいのもの)………1
刷毛……………………………………………1
包丁……………………………………………1
定規(20〜30cmくらいのもの)……………1
フォーク………………………………………1
(片目の口金と絞り出し袋    1セット)


1.バタークリームを色づける。

1.湯煎もしくは電子レンジで溶かしたチョコレートを、バタークリームに一気に加え混ぜる。



カカオマスの温度が低すぎたり、バタークリームが冷えていると、全体に混ざる前にチップ状になってしまう。また、反対に、カカオマスの温度が高すぎるとバタークリームが溶けて柔らかくなる。カカオマスは人肌くらい、バタークリームは人肌より少し冷たいくらいの温度のものを混ぜ合わすと良い。

2.各大さじ一杯のバタークリームを食用色素を加えて、赤(柊の実)、緑(つたと葉)にする。


2.ラム酒風味のシロップを作る。
1.水と砂糖を鍋に入れ沸騰させる。
2.火からはずし冷まし、ラム酒を加える。


3.メレンゲのシャンピニオンを作る。





<コーヒー風味のスポンジを作る>
<バタークリームを作る(パータ・ボンブを作る+バターと混ぜる)>
<組み立てる>

























 


<組み立てる>

1、生地にクリームを塗り巻く。

1.充分に冷めたスポンジ生地を裏返し紙をはがす。
2.焼き目の方全面にシロップを刷毛でしみこませる。
ハケを使ってぬるというよりものせるように染み込ませる。
3.バタークリームをピンポン玉2つ分ほどのせ、全面に塗り広げる


4.芯になる部分に3本ほど筋を付ける。
5.下に敷いておいた紙を使って巻きずしの要領で巻き冷蔵庫で冷やす。



2、形を作る。

1.両端を少し切り落とす。
2.5cm位の所から斜めに切り落とし切り株にする。
3.切り株部分の斜めの切り口に薄くチョコレート風味のバタークリームを塗り本体に接着する。


4.切り口3面に着色していないバタークリームを塗る。
5.クリームを塗った切り口以外の全体にチョコレートのバタークリームを絞る
6.フォークもしくは厚紙を切ったもので筋をつける。

7.4.の切り口にスプーンの先に濃く溶いたインスタントコーヒーをつけて年輪にする。
8.紙のコルネに緑と赤に着色したバタークリームを入れ、つた、、柊の実を絞る。


スポンジもクリームもお好みで風味を変えてもおいしくいただけます。
飾り付けはいろんなものをセンス良く飾ってみて下さい。





[an error occurred while processing this directive]