Column&Recipe
コラム&レシピTOP
西洋料理
日本料理
中国料理
世界の料理
洋菓子
和菓子
パンとドリンク
日欧食べ物だより
こだわりレシピ検索
料理概要 レシピ

豆腐と若布の赤味噌仕立て

煮干しを使って、お味噌汁を作ってみましょう。煮干しの頭と内臓を取り除き、だし汁の濁りや苦味を防ぎましょう。このだし汁は炊き込みご飯にも合いますよ。
レシピはこちら

日本料理担当
若林 聡子
WAKABAYASHI SATOKO
煮干し(だしじゃこ)のだし汁について

煮干しは材料を煮て干した乾物のことで、一般的には、片口いわしの幼魚を煮て干したもの(だしじゃこ)を指すことが多いです。選ぶ目安は、5〜6cm長さで光沢があり、よく乾燥して皮がはがれておらず、姿の整ったものがよいです。腹がくずれていたり頭の落ちたものは、干す前に、すでに状態が悪かったと思われるので、避けましょう。湿るとだし汁に生臭みが出てしまうので、密閉容器に入れて保存します。また、ある程度保存はききますが、脂肪が酸化するので、大量に買いおきしないようにしましょう。
料理概要 レシピ
このページのTOPへ
 
辻調グループ校 Copyright(C) 2003 TSUJI Group