Q&A

よくある質問にお答えしています。

  • 受講について
  • 受講内容について
  • スクーリングについて
  • 修了証の授与について
  • 修了後について
  • その他

受講について

年齢制限はありますか?
受講資格は中学校卒業以上、年齢制限はありません。
受講生はどんな方が多いですか?
社会人・学生・主婦・フリーター、10代〜70代の方、将来開業を目指す方、現在飲食店でお仕事されている方や経営をされている方などさまざまです。
同時に2つの講座を受講することはできますか?
同時に複数講座の受講は可能です。
ただし、スクーリングは、全講座同日程にて開催される場合があり、同日程の他講座スクーリングには参加できません。また1つ1つの講座をしっかりと学んでいただくためにも、あまりおすすめはしていません。
海外在住ですが、受講はできますか?
受講可能です。詳細は海外在住者の受講についてをご覧ください。
外国人ですが、受講はできますか?
外国人の方も受講可能です。
ただし、教材は全て日本語解説となり、ご提出いただくレポートも日本語のみでのやりとりとなるため、日本語が理解できないと受講は難しいかもしれません。
初心者でも、問題ないでしょうか?
問題ありません。
本講座では基礎から応用まで丁寧に分かりやすく説明しています。料理やお菓子に興味をお持ちで基本をふまえた、よりよいものを学びたいという前向きな気持ちがあれば、教科書を活用し、十分に興味深く学んでいただけます。
資格の取得はできますか?
調理師免許、製菓衛生師受験資格は取得できません。
本講座は調理・製菓等の専門知識と技術の習得を目的とした講座です。そのため免許、受験資格等に必要な学習(食品衛生などの一般科目等)は扱っていません。
※なお、辻調グループ校・大阪あべの辻調理師専門学校(通学課程)では調理師免許、辻製菓専門学校(通学課程)では製菓衛生師受験資格が取得できます。
仕事との両立はできますか?
通信教育の魅力は、自分のペースで勉強できるところです。
仕事をお持ちの方の多くは、平日にDVD教材を繰り返し見て、休日に作るなど時間をうまく利用して学習されています。
通信講座で技術・知識をどこまで身につけられますか?
通信講座を意義あるものにするには、料理を覚えたいという意欲が大切です。
受講生が教材内容に沿ってどれだけ繰り返し作ってみるかによって技術向上の差は出てきます。大切なことは「なぜこうするのか」ということを実際に見て覚えることです。技術の裏付けとなる確かな理論を身につけ、理解した上で繰り返しお作りいただければ、間違いなく技術レベルは向上します。

上へもどる

受講内容について

本科通学コースとの違いは何ですか?

[ 通信教育 ]
本講座は、本科授業のいわばダイジェスト版としてプロとして必要な知識や技術を要約しています。通信教育では、DVDの映像教材で大切なポイントを繰り返し確認でき、本科コースより安価な金額で、自分のペースで勉強が可能です。また、実際に先生の技を見て、疑問を解決する機会としてスクーリングを実施しています。

[ 本科通学コース ]
通学課程では、直接指導の実習、講義授業が含まれプロになるための実践的な技術、知識を確実に身につけることができます。プロとして短期間で効率的に実力をつけたい、就職のサポートが欲しい、とお考えの方には本科通学コースをおすすめします。

レポート提出が遅れた場合、添削はしてもらえますか?
提出物は受取りから1ヶ月が提出期限目標ですが、受講期間中に提出いただければ、添削いたします。
レポートが出せそうにありません・・・
技術・知識をしっかりと身につけていただくために、レポートにはしっかりと取り組んでいただく必要があります。
先生からの添削も参考になることばかりです。
どうしても全てのレポートの提出が難しい場合は、必須提出物だけでも取り組むことをおすすめします。
※提出物の取り組み状況は、修了証の授与評価に加味されます。
家庭用の調理・製菓器具、機器で受講できますか?
受講は可能です。器具、機器により仕上がりに差が出ることは否めませんが、料理・製菓の理論は共通。何よりも繰り返し実習し、自分の使う器具、機器のクセを知ることが大切です。
受講生の多くは自宅で家庭用の器具、機器を使用されています。
なお、初回教材の中で参考となる器具販売パンフレットも同封しています。
手に入らない食材はどうしたらいいですか?
課題となるメニューには入手困難な材料は含まれませんのでご安心ください。
本講座では、各分野の重要な知識を系統立てて学べるようにカリキュラムを作成しています。そのため、手に入りにくい食材が含まれることもあります。材料により仕上がりに差が出ることは否めませんが、場合により、代用を用いて学習する、食材店と相談するなど、食材探しからぜひ学んで下さい。
受講生の多くは、精肉店や鮮魚店などの専門店や各都道府県にある卸売市場、またインターネットを使って、食材を探されています。

上へもどる

スクーリングについて

スクーリングは必須課題ですか?
スクーリングは必須課題ではありません。
しかしながら、スクーリングに参加すれば直接指導を受けることができ、更に技術とやる気が向上します。全国の受講生とも交流を深めることができる貴重な機会ですので、可能な限りご参加いただくことをおすすめします。
※スクーリングの参加状況は、修了証の授与評価に加味されます。

上へもどる

修了証の授与について

修了証の授与基準を教えてください
受講期間中の提出物の取り組み状況、スクーリングでの学習状況などを総合的に考慮して評価されます。
詳しくはこちらをご確認ください。

上へもどる

修了後について

就職の紹介はしてもらえますか?
就職のご紹介はしておりません。

上へもどる

その他

教材の発送について
毎月15日前後に宅急便(ヤマト運輸)でお届けします。

上へもどる

該当の質問が見つからない場合は、下記までお問い合わせください。