News Topics

【blog】食の道は一つではない。 ~食之路不止于此。~

2024/05/21

这一次我们采访了辻调理师专门学校,调理技术管理学科的毕业生陈灝彬先生的店铺「銀華刃物」。
店铺的位置在心斋桥,繁华商店街的附近。
店铺的整体印象是一种安静且沉稳的感觉,来店的客人们可以在这样的环境下慢慢挑选。

今回は辻調理師専門学校、調理技術マネジメント学科の卒業生、陳 灝彬(チン コピン)さんのお店「銀華刃物」を訪問しました。
場所は心斎橋、賑やかな商店街の近くです。
お店は全体的に落ちている色で、ゆっくりじっくり選べるような雰囲気。


店长的陈灝彬先生在辻调的在学中选择学习日本料理。当时的班主任老师不仅教授了关于日本料理的知识,还格外传授了关于厨刀的知识。

お店の店長であるチンさんは辻調の在学中、日本料理を選択しました。
当時は担任の先生から料理の知識はもちろん、包丁のこともたくさん教わりました。

以此为契机,他决定已厨刀为自己的毕业礼物,并开始挑选。但日本的厨刀本身种类繁多,好不容易决定送自己一份纪念礼物就想选择最适合自己的。于是在上课以外的时间也开始学习起了关于厨刀的各种知识。

それをきっかけに、自分への卒業プレゼントに包丁を...と考え、いろいろと見ていました。でも、日本の包丁はたくさんの種類があり、選ぶのも大変で、せっかく買うのならちゃんと勉強した方が後悔しないと感じ、授業以外の時間をほとんど包丁の勉強に費やしました。


明明最开始只是想要建立一个自己的购物清单,但事情开始向自己没有考虑过的方向发展,在过程中也习得了很多厨刀相关的专业知识。
等当自己察觉的时候,已经变得非常喜欢厨刀,并且与此同时作为厨刀的知识的发信者开始在中国的自媒体上进行活动。
在中国的自媒体上发信日本的厨刀文化时,偶然结识了现在的合作伙伴,于是两人决定开启一家厨刀的店铺。耗时两年,从选择位置和装修,到厨刀的品种选择都亲力亲为,终于在去年的12月(2024年12月)正式开张。

自分の欲しいものリストを作るつもりがどんどん進化していき、難しい包丁の専門知識を身につけました。
結局、気づいた時にはもう包丁のことが大好きになり、自分自身も日本包丁の知識を発信するようになりました。
中国のSNSで日本の包丁文化を発信することをきっかけに、現在のビジネスパートナーと知り合い、二人で包丁のお店作ろうと決意した。二年をかけて、物件選びや内装のデザート、包丁の品選びを行い、ついに去年の12月(2023年12月)にお店をオープンしました。


店铺名称的银华二字的银来自于日本厨刀材料的银三钢,是从很久以前就被厨刀职人和厨师们所爱用的一种不锈钢。而华字则是陈先生自己想要表现的厨刀本身的传统技术美学,不但要好用还需要有独自的审美。
店铺最开始的客人主要是通过社交媒体而来的海外游客,但现在日本本地的客人也逐渐增加,直至现在的开店几个月就已经达成了年度销售额。

店名の銀華(ギンカ)の由来も包丁に関係があります。銀は銀三鋼という昔から包丁の素材として使用されてきたステンレス鋼の一種で、切れ味がよく、多くの職人に愛されている。華は現代における伝統技術の美意識を表現し、使いやすいだけでなく同時に美しさも備えなければならないというこだわりがあります。
お店のお客様は最初SNSなどを通じて海外の観光客が多かったですが、今は日本人のお客様もたくさん来店するようになりました。今は大人気で、オープンからの数か月間で年間売上を達成しています。


大家要是有机会来到心斋桥,可以去店铺逛逛哦!

皆さんもぜひ大阪の心斎橋の近くに来たらよってみてください!

【銀華刃物】
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内2丁目13−10
営業時間
13:00~21:00(金曜定休日)
https://ginka-hamono.com/

【陳さんのビリビリURL】
https://space.bilibili.com/8947251?spm_id_from=333.337.0.0