10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話











クリスマスを前に小野さんからビュッシュ・ド・ノエルの作り方を教わったようで、 エイジくんはひたすら練習中。「自分の教えたはずの味と違う」ことに気付いた小野さんが橘さんと千影さんに試食してもらったのが、これ。「砂糖の味がする」で有名な橘さんに、誘拐事件の記憶の味を蘇らせた奇跡のケーキです。生地はチョコレート入りのスポンジ生地、クリームもオーソドックスなチョコレート風味のバタークリーム。それにしても「書き入れ時」のこの時期に、エイジくんには悠々練習をさせておく小野さんってやっぱり天才パティシエです(笑)







豪華なツリーを真ん中に飾った「アンティーク」は、店内いたるところすっかりクリ スマス仕様。店内ショーケースもいつもと趣を変えて、小野さん作のクリスマスケー キ3種を並べて予約承り中です。




ビュッシュ・マロン・ヴァニーユ

・・・

文字どおり、栗とバニラたっぷりのビュッシュ・ド・ノエル。くるみ入りのビスキュイ(グラニュー糖の代わりにブラウンシュガー使用)の上にマロングラッセを並べてマロンムースをしぼり、もう一度くるみ入りのビスキュイをはさんで、さらにヴァニラムースを重ねます。冷やし固めて型から抜いたら、表面をグラッサージュ・ショコラで覆い、マロングラッセとチョコレートの飾りをのせて出来上がり。同じビュッシュ・ド・ノエルでもエイジくんが作っていたロールタイプではなく、型に詰めて作るタイプです。




ドュオ・ショコラ

・・・

こちらはチョコレート好きにはたまらないケーキ。リ・スフレ(ポン菓子のように香 ばしく煎ってふくらませた米)にチョコレートがけしたものを底に並べ、ミルクチョコレートとスイートチョコレートのムースを二層に重ねます。表面にはチョコレートを吹き付け、上部に窪みを作ってパッションフルーツのジュレを流しています。穴から出てきたところなのか、あるいはぬかるみに足をとられてトナカイごと転んだとこ ろなのか、サンタの表情に愛嬌がありますね。トナカイもサンタもメレンゲ製です。





マール・ノワゼット

・・・

マール・ノワゼットはマール酒の利いた大人の味のクリスマスケーキ。ビュッシュ・マロン・バニーユと同じくるみ入りのビスキュイの上にマール酒(ぶどうの搾り滓から作るブランデー)のムースを流し、中にノワゼット(はしばみの実。日本ではヘーゼルナッツのほうが判りやすいでしょうか)のムースを射込んであります。表面には木目調の模様をつけたガナッシュ、周囲にはホワイトチョコレートをはりつけています。マール酒のムースのほろ苦さと中のノワゼットのムースの香ばしい甘さが絶妙のハーモニーです。






フレジエ

・・・

上記3つのクリスマスケーキはもちろんですが、ショーケースの中の他のケーキもちょっとだけクリスマスっぽい仕上げになっていました。特にフレジエにはイチゴで作ったサンタクロースが!イチゴの中程を横に切ってクレーム・ムースリーヌを絞り、チョコの目とヒゲ、アラザンの飾りをつけたもの。手のかかったクリスマスケーキはもろちんでしたが、このサンタが収録スタッフには大好評でした。


<あれはなんだ?…圭一郎くんの握っていたケーキ>


<店外ショーケースもクリスマス>








 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を掲載しています。こちらもご覧ください。