10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話









パイ生地台に「クレーム・ディプロマット」をたっぷりのせて焼きゴテで表面を少しだけキャラメル化させています。中には、フランボワーズのゼリーが少々。今回の「クレーム・ディプロマット」は、カスタードにクレーム・ドゥーブル(乳酸発酵させた生クリーム)を加えたノルマンディー風の風味豊かなもの。イタリアンメレンゲで、食感を軽くしています。現代風のしゃれたお菓子ではありませんが、「ああ、美味しいなあ」としみじみ思える、フランスの古典菓子です。










シンフォニー

・・・

ご存知定番ケーキ。しっかり焼いたシュー生地と、小ぶりなサイズがフランス風

・・・

表面にナッツやドライフルーツを浮き立たせたアプリコットのムース。グリオット (さくらんぼ)のブランデー漬けが中に隠されていて、「交響曲」の名にふさわしい 複雑な風味

・・・

「アンティーク」スペシャルとは、別バージョンで、タルト台にコンポートのリンゴ と生のリンゴをのせて焼き上げた、リンゴの食感の違いが楽しめるタルト





アカプルコ


->裏話

・・・

ブラッディー・オレンジのムースでチョコレートのムースをつつんだ、「チョコ=オ レンジ」の黄金のコンビネーション

・・・

生クリームたっぷりのキャラメルでナッツをからめた香ばしいミニタルト

・・・

ボージョレワインで煮てピューレにしたポワールのババロワ

->橘さんの教科書





正太くんがなかなか飲めないので有名な(?)コーヒーですが、ここにも「アンティーク」ならではのこだわりが。
じつはこのコーヒー、本広監督お気に入り、日本堤の名店「カフェ・バッハ」の豆を使っています。
店主の田口さんは、コーヒー名人としてテレビや雑誌にもよく登場するので、コーヒー好きの方はご存知かもしれませんね。
最近はホームメードのケーキにも力を入れていて、ケーキ好きにとっても見逃せないお店です。

->カフェ・バッハ


シャルロット・ボージョレ






 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を掲載しています。こちらもご覧ください。