10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話








今回のテーマケーキは、小野さんが兄・啓介夫妻との和解後に、「ウソついて結婚式を欠席した」のでと二人のために作ったクロカンブッシュでした。クロカンブッシュは通常よりやや小ぶりに作ったシューを、飴をつかって円錐状に積み上げた、フランスでは一般的なウエディングケーキ。クロックとは「カリカリした」の意、ブッシュは口のこと。
今回のアンティーク特製クロカンブッシュの特徴と言えば、もちろん周囲を飾る圧倒的に美しい飴細工の数々。制作中の厨房シーンで小野が作っていたのはリボンでした。色違いの飴を何層にも重ね一気に引き伸ばすことで、細い縞の入った薄い薄いリボンができあがります。そのほかにバラの花、和解が花言葉の「すずらん」などで周囲が覆われ、上には同じくすずらんの花と羽根をかたどった飴細工が飾られていました。また、これもよく結婚式の引き出物や子供の出産祝いに贈られる「ドラジェ」(アーモンドに固い糖衣をつけたもの)がシューとシューのあいだに飾られています。シューそのものにも工夫がこらされていて、中のクリームも4種類、というスペシャル版。表面にあられ糖をまとっているのがバニラクリーム、緑のピスタチオナッツが中もピスタチオクリーム、刻んだアーモンドがまぶしてあるのが、プラリネ(ナッツ風味の)クリーム、そして何も付いていないのがチョコレートクリームでした。

->裏話










ブリヤン・ショコラ

・・・

このところの新作ケーキは、このHPを見ないと判らないのでは?という感じです。で、さっそく今回の新作。オレンジピールを刻んで混ぜたチョコレート風味のスポンジ生地の上に、キャラメリゼしたオレンジの実を並べ、オレンジ風味のクリーム、もう一度下の層と同じチョコレート風味のスポンジを敷き、その上にキャラメル風味のアングレーズソースにキャラメル風味のイタリアンメレンゲと生クリームを合わせた特製クリームを重ねて、最後にグラッサージュショコラを全面に流したもの。表面には中に並べたのと同じオレンジの実のキャラメリゼとチョコレートが乗っています。オレンジとチョコレートの組み合わせは定番。5話で橘が子供の頃に誘拐された、と打ち明けるシーンでカルバドスと一緒に出されていた、オランジェットも同じ組み合わせです。








ボー・ルージュ












・・・

玲子さんと啓介さんが初めて「アンティーク」にやってきたときに、小野さんが二人に出した皿盛りです。啓介さんの方は、今回の新作のブリヤン・ショコラ、玲子さんは8話の新作として登場したボー・ルージュ。どちらもホールを(ブリヤン・ショコラは元の形を長方形に作っていますが)カットして盛りつけているため、ちょうど断面が見えています。ボー・ルージュはホワイトチョコレートの甘味と添えられた生の果物のやさしい味わい、ブリヤン・ショコラはキャラメリゼされたオレンジとチョコレートが大人の味を演出しています。


ブリヤン・ショコラ










 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を掲載しています。こちらもご覧ください。