10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話




第4話、悲しいお話でしたね。辻調グループ校内でも、泣かせる話とわかっていてもやはり泣いてしまったという感想多数でした(笑)
今回のテーマは、加世子ちゃんが頼む「星のケーキ」。最後は自分も参加して満足できるケーキを作ることができました。途中でNGを出された3パターンのケーキ、そして最後に「永久定番」として登場したケーキたちは少しずつしか映っていませんでしたが、それぞれ工夫をこらしたものだったのがわかっていただけましたか?







「エトワレット・アンティーク」と名付けられて「アンティーク」の定番に加わったものは、チョコレート風味のスポンジ生地の上に、チョコレートムースを乗せ表面をチョコレートで覆い、上にクリームとフランボワーズ、チョコレートで作った星を飾ってあります。中には、甘酸っぱいフランボワーズのムースが隠れています。
みんなで作ったケーキを食べた加世子が「酸っぱい、でもおいしい」と言ったのは、これと同様、あのケーキにもフランボワーズを使っていたから。加世子ちゃんも加わって作ったケーキと、この「エトワレット・アンティーク」は、チョコレート風味のスポンジ生地を使っているところ、フランボワーズを使ったことが共通になっています。







・・・

1パターン目はいつものアンティークに置かれている感じの大人のケーキ。ホワイトチョコレートとコーヒーのムースは、ノワゼット(はしばみ)のダクワーズ生地の上に乗っていて、その中にはヘーゼルナッツ風味のクレーム・ブリュレがひそんでいます。表面にスプレーしたチョコレートの星のイメージが、宇宙を表現しています。





・・・

2パターン目は子供の発注したことがわかったので、かなりかわいらしく作ってあります。ピンク色の星型に作ったマカロンにクレーム・ムースリーヌ(カスタードクリームにバターを加えたもの)をはさみ、苺を飾ったもの。ちなみに通常の形のマカロンは、店外ショーケースの定番で出ています 。




・・・

そしてエイジくんがわざわざ病院まで届けたのに、加世子ちゃんに落とされてしまう3パターン目。これはサクサクのサブレ生地の上にイチゴのムースを乗せ、チョコレートの半球をかぶせ、上に星型のクッキーを、周囲にフルーツを飾ったもの。チョコレートのドームが星を感じさせています。

->裏話








 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を企画中です。お楽しみに。