10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話








今回のテーマケーキは、エイジの記事を黙って書いた桃子さんを「アンティーク」の スタッフが許すシーンで出された、このデリス・ピスタッシュ。実はこのケーキ、ドラマの当初から(小野さんがいない設定だった6話以外は)2話からずっと桃子さんが食べていた、「アンティーク」の定番です(編集部にテイクアウトしたシーンでもこれ)。
ピスタチオナッツのグリーンが鮮やかなこのデリス・ピスタッシュは、「アンティーク」で登場したケーキの中でも一、二を争う複雑な作りです。薄いビスキュイ 生地とガナッシュを重ねて作った、ストライプ状の周囲部分の作業の細かさからも想像がつきますよね?アーモンド味のダックワーズに乗った薄黄緑色のピスタチオのババロアの中には、チョコレートたっぷりのバター生地(ザッハ生地)とプラリネ・フイユテと呼ばれる、ヘーゼルナッツの風味豊かな薄い生地が挟まっています。表面にはココア・パウダーを混ぜたナパージュを流し、ピスタチオナッツ入りの香ばしいテュイールが飾られています。







ボー・ルージュ

・・・

ホワイト・チョコレートのクレーム・シブースト(クレーム・パティシエールにイタ リアン・メレンゲとゼラチンを混ぜ込んだふんわりとした柔らかい口当たりのクリー ム)と、フランボワーズ、イチゴ、グロゼイユなどの赤いフルーツのムースを重ね て、ホワイトチョコレートのグラッサージュをコーティングしたもの。チョコレート とイチゴなどの甘酸っぱいフルーツは王道の組み合わせですね。





タルト・ショコラ・バナーヌ

・・・

宗像さんが持ち帰れなかったのがこれ。
空焼きしたタルト生地にキャラメリゼしたバナナを敷き詰め、ラム酒風味のアパレイ ユ(プリン生地に近いもの)を流して焼いた上に、ミルクチョコレートのムースを流 したタルト。チョコレートとバナナもお馴染みの組み合わせ。チョコともバナナとも 絶妙の相性のラム酒が加わって、甘すぎない大人の風味です。





・・・

桃子さんの空想シーンより、小野さんとの愛のハート・ケーキ。テロップでは「あり がち」の一言で片づけられていましたが。大中小のハート型に焼いたメレンゲを重ね て立体的なハートを形作り、クレーム・シャンティイでおおって、棒状に焼いたメレ ンゲで飾り、フルーツをたっぷりと載せました。まわりにはカシスのソースを流して います。ハート型と赤と白のコントラストが特徴のコントラストが鮮やかなケーキです。


<あれはなんだ?…皿盛り編>



<あれはなんだ?…厨房編>






 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を掲載しています。こちらもご覧ください。