10月8日から始まった、フジテレビ系月曜9時の通称「月9」ドラマ『アンティー ク〜西洋骨董洋菓子店〜』に、辻調グループ校がケーキを提供しています。画面には 登場するものの、いまいちどんなケーキなのかわからない!というケーキ好きの皆様 のご不満を解決すべく、メイン、サブとりそろえてコメントをつけてみました。

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話

第九話
第十話 第十一話











文字どおり、レモン風味のタルト。焼き上げたタルト生地にレモン風味のクリームを絞り、表面をメレンゲで覆って飾り絞りをして、高温のオーブンでもう一度焼いてあります

->裏話









アナナス・ブルボネ

・・・

ケーキの説明については、ドラマ中でエイジくんが宗像さんにしどろもどろで説明していた通り。
男性にも食べやすい、さっぱりした食感のケーキです。ところで2話の終わりの方で、厨房で試作中の小野さんの横でエイジくんがクリームをパイナップルにつけて試食して「このパイナップルすっぱくなくておいしいっすねえ〜」と感心し小野さんが「パイナップルは一度シロップで煮てコンポートにしているんだ」と説明していたシーンがあったのを覚えていますか?
実は、あのシーンで作っていた物が、この「アナナス・ブルボネ」。作るところ見ていたんだから、エイジくん、ちゃんと説明してね!



カシス・プレジール

・・・

こちらも、エイジくんが必死に説明していました。
カシス(黒すぐり)のムースと、シャンパンのババロアのハーモニーが抜群のこのケーキ。実は、カシスとシャンパンというのは、食前酒として良く飲まれる「キール・ロワイヤル」の組み合わせと一緒、といえば、味もピンと来るかもしれませんね。
ちなみに、下の生地の部分はアーモンド風味のビスキュイとラング・ド・シャの生地を重ねて焼いた、かなり凝ったつくりになっています。








ビスキュイ
・シャンティイ

・・・

話の冒頭に橘の祖母富貴子さんが謎の男・千景を連れて「アンティーク」に来店。さて、おばあさまが初めて来た孫の店で食べた物は何だったか分かりましたか?

->裏話







 は今回の新作です。
お菓子の名前の後ろにシュークリームのイラストがあるものは、「菓子まし娘のお菓子講座」で、家庭でもできる!作り方を紹介しています。



辻調グループ校

This Home Page is brought to you by TSUJI GROUP
To Contact:info@tsuji.ac.jp
Copyright(c)1997 TSUJI Group

公式・フジテレビ「アンティーク」

「小説を食べよう!」では、原作者のよしながふみさんの特集を掲載しています。こちらもご覧ください。