tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

料理で「世界」を動かす。より深く「食」の力を探求する、3年制の新たな学びが2016年春スタート。高度調理技術マネジメント学科[3年制]

より深く「食」の力を探求し、
自分のテーマを料理で表現できる料理人へ。

3年制の高度調理技術マネジメント学科がめざすのは、料理が持つ力を最大限に発揮することで、社会を、世界を、動かすことができる料理人の育成。
料理をつくることで、自らの考えを示し、他分野の専門家との協働などに発展させ、新しい文化やビジネスの創出にも貢献できる人材です。
そのため、高度な調理技術といった「つくる力」はもちろん、人と社会と食の関わりを探究し、自分のテーマを料理で表現するための「考える力」の養成を徹底重視したカリキュラムを構築。
高い志を持つ学生のための新学科です。

第1学年
実習(392時間)+理論・教養(600時間)
第2学年
実習 / 演習(622時間)+理論・教養(210時間)
第3学年
実習(492時間)+理論・教養(320時間)

カリキュラム

取得できる資格・称号
調理師免許、専門士、食品技術管理専門士、調理師養成施設助手、大阪府ふぐ取扱登録者証、技術考査、レストランサービス技能検定3級

学びの特色

第2学年には、実地研修でプロの現場に求められるレベルを体感から認識し、以降の自らの学習目標などに反映。さらに第3学年ではゼミ形式での研究に取り組むなど、主体性を重視したカリキュラムが特徴。社会との結びつきを常に意識し、「料理を通じて自分に何ができるか」を考え、実践する力を育てます。

  • ギャラリーで見る
実地研修
第2学年の後期に、
プロの現場で実地研修。
料理業界の「今」を体感しながら
「必要とされる人材とは?」を学ぶ。

第2学年の前期までに身につけた技術やホスピタリティを、プロの現場で実践する「キャリア形成実習」を実施。学内での授業と、ホテルなど実際の料理業界での実践学習とを関連づけた中長期研修です。実務経験を通じて、プロに要求される料理の技術やコミュニケーション能力などを体感で学びとり、自分の現状のレベルを認識し、第3学年での自らの学習テーマや将来のキャリアプランなど、主体的な目標設定に結びつけます。

  • 後期は実地研修
  • 後期は実地研修
  • ギャラリーで見る
ゼミ
少人数グループで
テーマに基づく研究を行い、
新たな料理レシピを創造する。

第3学年では、第2学年で得た自らのテーマ・目標について、専門分野の先生の指導のもとに追究します。食材研究とともに、少人数グループによるゼミ形式で行う「総合演習」で議論を重ね、「調理研究実習」で技術向上、オリジナルのレシピとして形づくります。その成果を実際にお客様にコース料理として提供することで、調理師としての未来の自分のあり方を表現します。

  • ゼミ形式で実習
  • ゼミ形式で実習
第1学年
技術の基礎実習
調理師が果たすべき役割を理解するとともに、おいしい料理をつくるための基本技術を習得します。

技術の基礎実習

第2学年
後期は実地研修
前期は専攻料理ジャンルの技術を修得。後期はプロの現場で、自分のレベルや課題を認識します。

後期は実地研修

第3学年
ゼミ形式で実習
レシピ研究などテーマに基づいてゼミ形式で追究。自らのあり方を料理で表現できる力を養います。

ゼミ形式で実習

ここにしかない学び方

よくわかる!辻調の実習ステップを見る

3年制

食の社会的役割を探求し、料理で自身を表現する。高度調理技術マネジメント学科
定員40名という少数精鋭かつ内容の濃い教育で社会における「食」の役割を探求する3年間。
第1学年 全ジャンル(調理師本科と同様のカリキュラム)→第2学年 選択した専攻へ→第3学年 自ら目標設定し、料理で表現する
高度調理技術マネジメント学科

2年制

基礎から専門へ、目標を定めて学ぶ2年間。調理技術マネジメント学科
第1学年で基礎技術を、第2学年で専門性を習得。自分の適性を理解し専門分野に進む土台をつくる。
第1学年 全ジャンル(調理師本科と同様のカリキュラム)→第2学年 選択した専攻へ 西洋料理先行/日本料理専攻/中国料理専攻
調理技術マネジメント学科

1年制

基礎技術を徹底し、継続する力を手に入れる。調理師本科
全ジャンルの基礎的な技術と知識を習得。現場に必要なスキルを徹底して身につける1年間。
  • 調理師本科の
    基本クラス調理クラス
  • 卒業後、
    フランス校へ留学調理クラス・フランス留学コース
  • 大学生・短大生・社会人
    対象キャリアクラス
  • 卒業後、
    辻製菓専門学校へ進学ダブルマスタークラス

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント