通信教育講座の学習システム
中国料理
技術講座

伊藤美和子さん
製菓を修了、中国料理を受講中・・・次は製パンを始めます!

製菓講座修了後、現在中国料理を受講中です。中国「風」料理から本格中国料理へステップアップしたいと考え、受講しました。職場は学校給食の現場。講座で得た知識を活かし、創意工夫を楽しむ日々です。製パン講座の良い噂を耳にし、次はコレだ!と今から楽しみにしています。

日本料理技術
講座受講

BEALE ALISON
(ビール アリソン)さん
海外で、本物の日本料理を食べたい・・・自分で作ろう!と思いました。

12年間の日本生活で覚えた和食の味。美味しい日本料理を食べたいという想いが、講座受講へと駆り立てました。技術面のみならず、文化的側面のある先生のお話は大変印象深いものでした。海外でも人気の日本食をホームパーティなどで振舞えたらと思案中です。
西洋料理技術講座術
素晴らしい仲間に出会えたことが、何よりの財産。


小佐野浩一さん

千秋千夏さん

堀北真代さん

西洋料理を受講されている小佐野浩一さん、千秋千夏さん、堀北真代さんにスクーリングの感想をお伺いしました。

製パン技術講座
通信教育講座、活用法。


佐田園子さん


片桐美月さん
製パン講座をご受講中の佐田園子さん、片桐美月さんに受講のきっかけやスクーリングの感想等をお伺いしました。

製菓技術講座

軍司直子さん
おいしい料理は人を幸せにすると知りました

「きちんとした指導を受けたい」という想いから受講しました。スクーリングでのケーキ製作は4人で1台と予想していましたが、実際は1人1台!これには驚きました。ライフワークとしてのお菓子作りに、講座で学んだことが一役も二役も買ってくれることと期待しています。
 




中国料理
講座受講
伊藤美和子さん

中国料理を勉強されようと思われたきっかけを教えてください。 また、どのように活用されていますか。
中国風、というようなごく一般的な中国料理を作ることはできても、しっかりしたもの、というのがわからなかったので勉強してみたいと思いました。きちんと作ろうと思うと難しい。アレンジを加えることもできない。材料や器具など、手に入りにくいものも、多いですが、興味深く学習しています。仕事は、学校給食の現場で働いています。自分たちで研修をしたりする際には、通信で学んだことが生かして、工夫を加えたりします。

スクーリングに参加されて、いかがでしたか。 
製菓の通信講座も受講済なんです。スクーリングには、参加すれば得るものがある、というのは体験済だったので、今回は必ず参加しようと思っていました。まさに『百聞は一見にしかず』。授業は懇切丁寧、思ったこともすぐ質問でき、4月から受講を開始していますが、3月も是非来たいと思っています。

これからの目標を教えてください。
以前、製菓を受講中は、仕事が忙しい時期と重なってしまい、課題がなかなかこなせず、受講期間終盤になってまとめて提出するような形になってしまいました。今回はしっかり頑張りたいですね。 この次はパンを受講したいと思っています。学校へ来て、目から鱗!というような、良い噂を聞きましたので。とっても楽しみにしています。

 
 



日本料理技術
講座受講
BEALE ALISON
(ビール アリソン)さん


通信講座受講のきっかけを教えてください。
日本には、大分、東京、福岡、大阪と、12年間住んでいました。大分にいる頃から、地元の人から家庭料理を教えてもらったり、日本料理はとてもおいしく、身近なものでした。2005年から中国に住んでいますが、日本料理を勉強しようと思ったきっかけは、「おいしい日本料理が食べたい!」との想いからでした。海外でも、日本料理は人気があり、お店もあるのですが、やっぱり味が違う。加えて、海外で家族などに日本料理を振舞うと、とても喜ばれるんです。本格的に学んで、「本物」を自分で作れるようになりたい、と思いました。

スクーリングに参加された感想をいただけますか。 
スクーリングはとてもわかりやすく、楽しく受講しています。スタッフもたくさんいらっしゃって、安心して作業ができました。同じ魚をおろすのにも、外国と日本ではまったく違います。そんな技術的なことはもちろんですが、専門用語や、日本料理についてのお話、たとえば日本料理は五感で楽しむもの、ですとか、西洋料理は味を足すが、日本料理では味を引く、ということが大切になってくる、というようなお話をされたのがとても興味深く、印象に残っています。

どのように活用されたいですか。
海外でホームパーティなどの機会に、日本料理を紹介できたらと考えています。
 
 
西洋料理技術
講座受講


小佐野浩一さん


千秋千夏さん


堀北真代さん

スクーリングに参加された皆さんに、感想を伺いました。
>小佐野さん

ソースの味をステップごとに確認することにびっくりしました。煮詰め具合を確認したりというのも、味を確認することはDVDではできないので、非常に勉強になりました。先生のお話もとても楽しく、和やかな雰囲気の中で学ぶことができたと思います。


>千秋さん

先生方が気さくになんでもお答えいただけるので、DVDで勉強していた時の疑問を解消することができました。西川先生の鴨のレモン風味の味は忘れられません!テキストと同じメニューであっても、行間にあるたくさんのポイントが、スクーリングでは学ぶことができました。


>堀北さん

製菓・製パンを修了しています。その際のスクーリングで、西洋料理もおもしろいという話を聞いて、今回参加しました。マイスプーンを持っての、ソースの段階ごとの味見も新鮮でしたが、授業の中での先生方のお話で、歴史のお話など、知識の豊富さに驚きました。授業に備えて、先生自ら授業前にレモンの葉をとってきてくださったりというお話だったので、あたたかい真心も感じました。後は集まったメンバーですね!このメンバーであったこそ、楽しく勉強ができた、そう感じます。
 
 
製パン技術
講座受講


佐田園子さん




片桐美月さん


ご受講のきっかけを教えてください。
>佐田さん

小さい頃からパン屋さんになる夢がありました。仕事でも現在、パン屋でアルバイトをしていますが、家では上手にパンを作ることができず、迷うことがあったので、通信講座を受講することに決めました。 学習方法は、まず一巡したDVDを、実習の際には、つけたりとめたりしながら、生地の状態を確認しながら進めていきます。



>片桐さん

私は母親が作るのを見ていて、自分でも作りたいという想いが自然とありました。独学でずっとやってきましたが、地元で尊敬する先生に出会いその先生の元でパンとお菓子を 何年か学んでいました。 その先生のだんな様が転勤のため地元を離れるという事になり せっかく続けたパンをどうにか継続して学びたいと思って探したのが 辻の通信講座でした。仕事をしていますが、 仕事をしていますが、休日は自分の時間として使いたい気持ちもありますし、DVDは平日の夜に見て、次の日に実習、というサイクルで学習しています。

スクーリングに参加されていかがですか。 
>佐田さん

とても楽しく学べ満足しています。



>片桐さん

名古屋からの1人での参加でしたが、ほとんどの方は1人での参加ですし、親切にしていただき、不安は感じませんでした。講義も、皆に生地の状態が見えるよう、カメラの配置もあり、わかりやすかったです。

これからの目標があれば、教えていただけますか。
>佐田さん


家でお店で売っているようなパンを作るのが夢です。



>片桐さん

自宅で子供を集めてパン教室のようなものができればいいなぁ、と考えています。
 
 



製菓技術
講座受講
軍司直子さん


ご受講のきっかけを、教えてください。
自分で作ったお菓子を、これでいいのか見て欲しい、指導を受けたいという想いで参加しました。これまでも自宅で本を購入して作ってはいましたですが、本ばかりが増えてしまいますし、しっかりと軸になるものを学びたいと思いました。

自宅ではどのように勉強を進められていますか。 
勉強の仕方は、まずはDVDを1回見ます。それから実習の前に、もう1回。そしてDVDは始めのところに戻しておいて、作業の途中で迷った時に、画面が見られるようにしておきます。
特に印象に残っているのは、一番始めの、ジェノワーズを学んだときです。これまでケーキのスポンジを作る際には、よく言うことですが、混ぜるときに泡を壊さないことに気を使っていました。けれど、完成したスポンジは切った時にぼろぼろと崩れてしまう。DVDの先生の仕上がりと違うのです。DVDの最後で、先生が失敗例を紹介された時に、私のスポンジはもしかしたら混ぜるのが足りないのじゃないか、と気がつきました。そしてもう一度挑戦したところ、きれいに切ることができるスポンジを作ることができたんです。

スクーリングご参加の感想を、お聞かせください。
スクーリングでは、4人で約1台のケーキを作るのでは、と予想していました。けれど、案内の中で作成量が書かれていて、ケーキは1人1台。びっくりしました。


これからの目標があれば、教えてください。
これからは、、夢の話ですが、いつかお菓子のお店ができたらいいなぁと考えたりしています。もちろん、直接お店につながらなくても、お菓子作りは続けるでしょうし、講座で学んだことは、これから生かせることがあるだろうと感じています。

 
 
[an error occurred while processing this directive]