tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調グループについて

こども 夢・創造プロジェクト:料理人体験~料理でおもてなしの心を学ぼう~

<こども 夢・創造プロジェクト>は、様々な分野の「プロフェッショナル」を講師に迎え、

小・中学生のあこがれの分野や技術などを本格的に体験できる大阪市こども青少年局主催のプログラムです。

昨年に引き続き辻調理師専門学校でもこの体験イベントが実施されました。

体験の内容は「料理人体験 ~料理でおもてなしの心を学ぼう!~」

8/2及び8/3の両日で実施されました。

初日の"体験"は日本料理。プロが使う調理器具で「鯵幽庵焼き」「茶巾玉子豆腐の清汁仕立て」を作り、盛り付けて、試食するという内容です。

まずは担当の岡田先生から、「和食とは何か?日本料理とは何か?」などをとてもわかりやすく説明があり、参加者の子供たちの間にも少し"期待感"が生まれてきたようです。

 

初めて着る調理白衣。なかなかよく似合ってます。


続いて実習室に移動し、出汁の取り方、鯵の串の打ち方、焼き方、茶巾からの玉子豆腐の取り出し方などを班に分かれて説明を受け、作業をします。皆さん、興味深々。

 
 

周りに香ばしい匂いが漂いだしました。

いよいよ試食です。それぞれの食卓には先生が同席し、共に食べて、日本料理の食べ方や料理そのものに関しての話を聞きながら和やかに過ごしました。

2日目は部屋の様子もガラリと変わり、西洋料理の客席にて"サービス"を体験します。

まずは担当の寺尾先生から「サービス=おもてなし」とは"会話"と"視線"だという話から、挨拶とは単にお辞儀をすることではなく、相手の目を見ることの大切さなどの解説がありました。

 

最初は椅子に浅くかけていた子供たちもいましたが、寺尾先生の話がすすんでいくにつれて、深くかけなおし背筋が伸びていったのが印象的でした。

この後は実際のサービスの技術の初歩を学びました。

お辞儀の仕方、そして皿の持ち方等々。

 

この後、実習室に移動し、飲料(レモンスカッシュ)を作成し、席についてP.L.T.提供のp菓子を食べながら、

食卓でのマナーなどの解説を受けました。


2日間のこの「体験」を終えて、参加した子供たちもわずかに成長してくれたような気を持つことができました。


この中から将来有望な料理人あるいはサービスマンが育ってくれることを願います!!



資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント