tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

エコール 辻 大阪ブログ

理論授業をのぞき見 フランス・イタリア料理マスターカレッジ

今日はフランス・イタリア料理マスターカレッジ外来講師の理論授業をのぞいてみます。

講師は大阪 淀屋橋 『プレスキル』

佐々木 康二 先生です。

佐々木先生は「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」本選に日本代表として出場され、

8位入賞されています。現在は「不易流行」を信条にフランス料理のエスプリを届けてられます。

横に移っているのは、フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業の内田君です。

偉大なシェフの授業ですから、学生も真剣な眼差しで受講しています。

それでは料理を紹介します。

Bouquet de Sole en Chaud-froid, Asperges et au Caviar

「舌平目のショーフロア アスパラガスとキャビア」

*ショーフロアとは、直訳すれば「熱い、冷たい」となり、加熱した食材を冷やしてソースなどを

コーティングした料理を指します。

Pâté de Congre " Densuke " Tomate Confite et Beurre d' Anchois

「伝助穴子とトマトのコンフィのパテ、アンチョビソース」

*パテは材料をパイ生地で包んで、焼き上げる料理を指します。


Pigeon Rôti Jus à l'Orange

「ピジョンのロティ オレンジの香り」

*ピジョンは鳩で、鳩の胸肉ともも肉を料理にしています。

授業終わりにはシェフからホテル就職、個人店での働き方の違い、心構えなどを

学生に伝えていただきました。

佐々木先生、お忙しい中、授業をしていただき有り難うございました。

学生にもシェフのエスプリ、心構えなど、しっかりと伝わったと思います。わーい(嬉しい顔)

学生たち"心して頑張ろう"エイエイ・オーパンチ

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント