ADMISSION

高等教育の修学支援新制度

日本学生支援機構の給付奨学金+
入学金・授業料の減免

*2024年度 日本学生支援機構 給付奨学金 採用候補者 自宅外通学証明書類の早期受付について

対象校:辻󠄀調理師専門学校、辻󠄀調理師専門学校 東京

住民税非課税世帯やそれに準ずる世帯などの学生を対象にした国の奨学制度です。
支援の対象となる学生は「返還不要の給付奨学金」と「入学金・授業料の減免」の2つの支援が受けられます。

「高等教育の修学支援新制度」(文部科学省特設ホームページ)

返還不要の給付奨学金 + 入学金・授業料の減免

【対象となる方について】

  • ・外国籍の人は、少なくとも次の(1)~(3)のいずれかに該当すること

    (1)法定特別永住者

    (2)在留資格が「永住者」、「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」である人

    (3)在留資格が「定住者」であって、将来永住する意思がある人

  • ・過去において本制度の支援を受けたことがないこと

その他、家計や学力・学習意欲に関する基準があります。
あなたがこの制度の対象となるかどうか、日本学生支援機構のサイトで調べることができます。

  • この制度の対象となった後も、家計の状況や学業への取り組みの結果によっては、年度の途中であっても、支援の停止や給付額・減免額の見直しが行われる場合があります。

給付奨学金

【申込方法】

本校入学前に申し込む「予約採用」と、入学後に申し込む「在学採用」があります。

予約採用

申込資格
次の(1)~(2)のいずれかに該当すること。
  • (1)2025年3月末に高等学校等(本科)を卒業予定の人
  • (2)高等学校等を初めて卒業した年度の末日から申込を行う日までの期間が2年以内の人
申込先
  • 申込資格(1)在学している高等学校等
  • 申込資格(2)初めて卒業した高等学校等
募集時期
在学している(在学していた)高等学校等にご確認ください。

在学採用

申込資格  
新入生、または在校生で、高等学校等を初めて卒業した日の属する年度の翌年度の末日から本校へ入学した日までの期間が 2年を経過していない人
申込先
辻󠄀調理師専門学校
辻󠄀調理師専門学校 東京
募集時期
入学後(4月中旬予定)、希望者に申込資料を配布します。
なお、申込後に家計基準・学力基準による審査があります。在学採用の場合、入学後の申込から審査完了までに時間を要します。入学後、給付奨学金の支援をより早くから受けたいという方は、高校在学時等に予約採用の申込手続きを行うことをおすすめします。

【注意!】
世帯の所得金額・世帯人数などによって支援の条件が異なります。
給付奨学金の月額の目安は、日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」でご確認ください。

【支援区分と給付月額】

世帯の所得金額に基づく支援区分 自宅通学者 自宅外通学者
第Ⅰ区分 38,300円(42,500円) 75,800円
第Ⅱ区分 25,600円(28,400円) 50,600円
第Ⅲ区分 12,800円(14,200円) 25,300円
  • 生活保護(扶助の種類を問いません)を受けている生計維持者と同居している人、及び社会的養護を必要とする人で児童養護施設等から通学する人は、上表のカッコ内の金額となります。
  • 貸与奨学金と併用可。ただし、第一種奨学金と給付奨学金を併用した場合、第一種奨学金の貸与月額が調整されます。

【給付手続き】

本校入学後、各自インターネットでの入力手続きが必要です。予約採用の場合、高校等で申込手続きをしただけでは奨学金は振り込まれません。
給付奨学金の詳細は、日本学生支援機構のホームページをご確認ください。

入学金・授業料の減免

【申込方法・減免時期】

本校入学後に申請書類を本校に提出。10月頃から減免(還付)が開始される予定です。

【支援区分と減免額】

世帯の所得金額に基づく支援区分 入学金減免額 授業料減免額(年額)
第Ⅰ区分 160,000円 590,000円
第Ⅱ区分 106,700円 393,400円
第Ⅲ区分 53,400円 196,700円
注意!

給付奨学金の振込開始、入学金・授業料の減免は、どちらも入学後となります。合格時納入金は別途ご準備いただく必要があります。

※令和6年度から新たに設定される予定の「第IV区分(多子世帯支援)」については、詳細が決まり次第お知らせします。

※辻󠄀調理師専門学校、辻󠄀調理師専門学校 東京では、「大学等における修学の支援に関する法律施行規則第7条第2項」に基づき、機関要件確認に関する情報を公表しています。