OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

焼き菓子商品開発実習!

辻製菓マスターカレッジ

2021.08.07

こんにちは!
辻製菓マスターカレッジの担当・吉川です(^^*)

" 商品開発実習 " が始まりました♪(こちらは7月に行った授業の紹介です)
〔引き続き新型コロナウイルス感染症対策として、3密を避け、間隔を取りながら、授業を行っていました。〕

" 商品開発実習 " とは、学生が自分たちでオリジナルの焼き菓子を考え、実際に作成する授業です!!
オリジナルのお菓子を考えるなんて、ワクワクしますね!!(*^^)♪♪♪


こちらは昨年の学生が考案した、焼き菓子です!

今年の春に入学した学生は、現在約4カ月間、学校で学びましたが、
なんと!既に一通り、お菓子の基礎を習いました!(基本の生地・クリームを使ったお菓子)
基礎がわかるからこそ、応用として、
オリジナルのお菓子を考案することが出来ます!


材料学の授業も受ける事により、
各材料の性質や、何の材料がどう作用して、
生地がしっとりする、こういった食感になるということも、
わかるようになりました!

洋菓子の授業量が、授業時間の9割を占める、
エコール 辻 大阪 辻製菓マスターカレッジだからこそ‼‼
この時期から " 商品開発の授業 " をすることができます(`・ω・´)♪

この授業の面白いところは、
ただ、各々オリジナルのお菓子を考えるのではなく、
まず、味覚教育授業で自分の味覚のレベルを知るところから始まります!!

甘味、塩味、うま味、酸味、苦味、を薄くつけた水を飲み比べ、
味覚を鋭敏に訓練することで、製菓製造者として味の応用範囲を広げます。

次に、考案した焼き菓子を買ってもらいたい、ターゲットとするお客様を考え、
素材を考え、意見を出し合い、オリジナルの焼き菓子を考案します。

味覚教育で学んだ塩味、酸味、苦味の3つのテーマを元に、
作りたい焼き菓子をイメージし、
材料を選び、型を選び、レシピを考えます!

そして、ディスカッションを繰り返して、
今回初めての試作を行いました!!!





商品開発実習様子

作成しながら、生地の状態を写真に撮る人、メモを取る人に分かれ、
データを取りながら、1回目の試作が終えました!


初めてのオリジナルのお菓子!!
出来上がったとき、みんな嬉しそうでした(*^^*)♪

試作が終われば午後は試食です!

どういったお菓子を作ったのか、各班発表をし、
試食・意見交換・次の試作への課題を考えます!



「思ったよりも膨らみが悪かった」
「生地をマーブル状にする予定が、上手くいかなかった」
「もう少し、この分量を増やしてみよう」
「焼き加減を変えてみよう!」

など、沢山の改善点が出てきました!

次の試作も楽しみですね♪
私たち職員も、学生達のオリジナル焼き菓子が、
どう仕上がってくるのか、
今後どんな風に進化を遂げるのか!
とってもたのしみです(^^*)♪♪

それでは次のブログもお楽しみにー♪

~プロフィール~
辻製菓マスターカレッジ 洋菓子担当、吉川です(^^)
美味しいお菓子を、作る事も、食べる事も、とても好きです♪
写真を撮ったり、美味しい物の絵を描いたりすることも好きです!
ブログを通して、学校での美味しい学びの様子を、沢山伝えていきます♪