tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

正しい栄養学と安全学

飲食業界の声を、日常のカリキュラムに反映

辻調グループでは2013年に「教育課程編成委員会」を発足。
日本の食を代表する企業のオーナーをはじめ、食文化や農業の専門家、大学教員などをお招きして、
辻調グループでの「学び」をともに議論しています。
飲食業界の、まさに最高峰といえる人たちの意見を反映させながら、辻調グループのカリキュラムは進化していくのです。

教育課程編成委員会

実践的な教育の実現へ。「教育課程編成委員会」発足。

日本の食を代表する方々を委員に迎え、
辻調グループは職業教育の高度化を追究します。

辻調理師専門学校・辻製菓専門学校では2013年10月、「教育課程編成委員会」を発足させました。文部科学省の『職業実践専門課程』認定に向けての取り組みであると同時に、今後ますます求められる職業教育の高度化において教育の質を高めるための「原動力」とすることを目的としています。

「教育課程編成委員会」では、日本の食を代表する企業のオーナーをはじめ、食文化や農業の専門家、大学教授を委員にお招きし、辻調グループのビジョンや教育課程、職業教育について話し合う場を設置しました。

辻調理師専門学校と辻製菓専門学校における現在の教育内容に対しては、基礎技術教育や食文化教育のあり方をはじめ、学生の授業に対する問題意識の向上といった内容まで、率直な意見が出されました。また、飲食業界の離職者問題についても熱い議論が繰り広げられ、学校と企業が協力して若者の就業意識を高めていくことの必要性を再認識する場となりました。

飲食の業界で活躍できる人材を、どう育成するのか。それは、これまで辻調グループが追究し続けてきたテーマでもあります。これまでも業界の方々の意見を伺う機会を多く設けてきましたが、こうした公式の会議として開催することで、より発展的な議論が期待されます。またこの議論の内容は2年制学科だけでなく、辻調グループすべての学科、カレッジに反映させていきます。

辻調グループ「企業・業界団体等からなる委員会を設置。カリキュラムに関する検討会を定期的に実施。」教育課程編成委員会「提案された意見を辻調グループとして検討し反映」、辻調グループすべての学科、カレッジでカリキュラムに反映
教育課程編成委員会

【2018年度外部委員一覧】大野尚人 氏(酒亭 沿露目 主人)/杉窪章匡 氏(ウルトラキッチン株式会社 代表取締役)/鈴木滋夫氏(株式会社 うかい 製菓部部長 兼 製菓長)/藤木徳彦 氏(オーベルジュ・エスポワール オーナーシェフ)/村上英寿 氏(株式会社 ウェルカム 取締役 人事部役員)/湯木 夫 氏(株式会社 東京吉兆 代表取締役専務)/松島俊哉 氏(大阪府洋菓子協会 会長・パティスリーフリアン オーナー)/菊川儀明 氏(菊川製菓有限会社 専務取締役 オーナーパティシエ)/井上文孝 氏(浪芳庵株式会社 代表取締役)/井筒大輔 氏(株式会社イスズベーカリー 常務取締役)/壷井 豪 氏(株式会社ケルン 代表取締役)/井村 貢氏(プリオホールディングスグループ 株式会社プリオウエディングスT&S 取締役 総料理長)/岡部 悟 氏(有限会社佳菜食彩研究所 代表取締役社長)/佐藤伸二 氏(公益社団法人全日本司厨士協会 京都府本部 会長)/髙橋喜幸 氏(料理マスターズ倶楽部 事務局長)/満田健児 氏(懐石料理とよなか 桜会 主人)/米田 肇 氏(株式会社HAJIME&ARTISTES 代表取締役)

辻調グループのチカラ
カリキュラムは常に進化していく。

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント