COLUMN

食のコラム&レシピ

【半歩プロの西洋料理】冬のフランスへ!

01<西洋>半歩プロの西洋料理

2014.10.08

<【半歩プロの西洋料理】ってどんなコラム?> 

 

みなさんこんにちは!

エコール辻大阪の伊藤です。

だんだん寒くなってきましたが冬休みのご予定はお決まりですか?

そこの決まってないあなた!フランスへ行きましょう!

美しい景色とおいしい食べ物を堪能しにさぁフランスへ!

いますぐ航空券をとってさぁ!さぁ!

 

 

と、なぜこんなに鼻息荒くフランスをおすすめするのか・・・

それはわたくし、伊藤が昨年の年末フランスへ行ったからです!

とっても楽しかったですよー!みなさんにもこの楽しさをぜひ!

 

旅行はアルザス、パリ、そしてカルカッソンヌへ行ってきました。

今回はアルザスをご紹介致しますね。 

 

フランスでは11月末からマルシェ・ド・ノエル、クリスマス市が行われます。

そのクリスマス市が有名なアルザスのストラスブールという都市へ行ってきました!

私が行った時にはクリスマスは過ぎていましたが、

クリスマス市はまだ行われており、

ヴァン・ショーというホットワインやクリスマスグッズが販売されていました。

ヴァン・ショーはその名のとおり温かいワインで、

お店によって異なりますが、シナモンなどのスパイスやオレンジのスライスが入っています。

赤ワインで作ることが多いですが白のヴァン・ショーもあります!私は白のほうが好きです!

冷えた体にしみこむおいしさ!何杯も飲んでしまいます。

 

 

gussu2-w230.jpg クリスマスグッズ:たくさんあって迷っちゃいます。かわいくて楽しい!

 

matinami-w230.jpg ストラスブールの街並み

 

yuuennti-w230.jpg  小っちゃくてかわいい観覧車

 

mati kawaii-w230.jpg クリスマス市を楽しむ人々

 

クリスマス市を堪能した後は食事へ…

 

アルザスの代表的な料理には、タルト・フランベ、シュークルート、ベッコフなどがあります。

この日はタルト・フランベシュークルートを頂きました。

タルト・フランベはパン生地をごく薄く伸ばし、フレッシュチーズと生クリーム、ナツメグを混ぜたものを

塗り、玉ねぎとベーコンを散らして高温のオーブンで焼いたものです。

 

Tarte-w230.jpg  タルト・フランベ アルザス風ピザ

パリパリ、くせになるおいしさ!ワインがすすみます!

 

シュークルートは玉ねぎの薄切りをがちょう脂かラードで炒め、キャベツの塩漬け(シュークルート)を

加え、豚の燻製肩肉、塩漬けの背肉やスネ肉、ベーコン、ソーセージ、ジェニパーベリー(ねずの実)、

リースリングワイン(アルザスの白ワイン)をいれてオーブンで蒸し煮したものです。

 

choucrute-w230.jpg  シュークルート すごいボリュームです!

 


キャベツの塩漬けと豚肉加工品のコクが合ってもうやみつき!

お腹いっぱい、くるしーとなっている隣の席で、同じものを注文されたフランスの奥さまは

一皿ペロリと召し上がられ、デザートを楽しんでおられました。

 

さて、この二つのレシピは既に紹介していますので

もうひとつ、アルザスの代表的な料理、

タルト・ア・ロニョン、玉ねぎのタルトのレシピをご紹介致します。

玉ねぎの甘みとタルトのさくさくの食感がおいしいです!

熱々でも冷めても!白ワインにもよく合います。

おやつにしたり、サラダを添えて昼食に・・・

 

これにてアルザス編は終わりです。

ロマンチックなマルシェ・ド・ノエルの光景と

ボリュームたっぷりの名物料理の数々があなたを待っています!!

みなさんの旅の参考になれば幸いです。よい冬休みをー! 

 

担当者情報

このコラムの担当者

エコール辻大阪 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ

伊藤 佑子

このコラムのレシピ

玉ねぎのタルト

バックナンバー

2009年8月まではこちら

2009年9月からはこちら