COLUMN

食のコラム&レシピ

【落語食堂】生節ご飯(煮売屋) 2013/9/3掲載

00<メディア登場料理>
落語食堂

2013.09.03

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。

今回のお噺は、「煮売屋」。
お伊勢参りに出かける道中のお噺。煮売屋に入って注文をする二人。
品書きを見て注文して店主とやり取りするが料理は出てこず・・・。
ついには器ごと持って逃げだす始末。そこから新しいお噺につながる。

今回の担当は、日本料理の中林直也先生です。

 


生節ご飯


rakushokuIMG_8959.JPG

 


●材料● 4人分

生節・・・・・・・・・・・1/2本(200g)
米・・・・・・・・・・・・2合
煮汁
_だし汁・・・・・・・・・400ml
_酒・・・・・・・・・・・50ml
_砂糖・・・・・・・・・・大さじ1
_味醂・・・・・・・・・・30ml
_濃口醤油・・・・・・・・50ml
_梅干し・・・・・・・・・1個
_土生姜(せん切り)・・・・15g
柴漬け・・・・・・・・・・40g
青紫蘇・・・・・・・・・・4枚
煎り胡麻・・・・・・・・・大さじ1

 

●作り方●
1. 白ご飯を炊く。
2. 生節は血合いの部分を切り落とし、残っている骨を骨抜きで抜く。皮を除き、手で粗くほぐす。
3. 鍋にだし汁、調味料、梅干し、土生姜を合わせ、生節を加えて落とし蓋をし、火にかける。沸騰したらあくを取り、中火弱の火加減で、鍋底に少し煮汁が残る程度まで煮る。途中煮汁が少なくなってくれば鍋をゆすりながら煮上げる。
4. 柴漬けはみじん切りにする。青紫蘇は軸を取り、巻き込んで細く刻む。水に落としてあくを取り、水気をきる。
5. 器にご飯をよそい、生節、柴漬け、青紫蘇、煎り胡麻をのせる。