COLUMN

食のコラム&レシピ

【落語食堂】正月料理:慈姑旨煮(けんげ者茶屋) 2014/01/07掲載

00<メディア登場料理>
落語食堂

2014.01.07

「落語食堂 - らくしょく - 」は上方古典落語の噺に登場する料理を辻調グループ日本料理の先生が再現し、
落語家の桂吉坊さんと“お喋り”を展開する毎日新聞夕刊(近畿版)の連載です。


今回のお噺は、「けんげ者茶屋」。
年始にぴったりのお正月らしいお噺です。

元日からお茶屋へ繰り出した冗談好きの旦さんが、お節料理を食べながらゲンの悪いこと言って、
芸妓をからかうお噺。


お噺に登場し、旦さんにからかわれるお節料理を作ったのは、
日本料理の中林直也先生。

今回の対談で吉坊さんからはゲンの悪い言葉は出なかったようで、ホッとしているようです。



正月料理


rakushoku-osechi-ryourimei.jpg



慈姑旨煮


kuwaiumani.jpg


●材料● 4人分
慈姑・・・・・・・・・・・8個

煮汁
_だし汁・・・・・・・・・400ml
_砂糖・・・・・・・・・・大さじ2
_味醂・・・・・・・・・・30ml
_塩・・・・・・・・・・・小さじ1/2
_薄口醤油・・・・・・・・20ml
_削り鰹・・・・・・・・・5g
くちなしの実・・・・・・・1個


●作り方●
1. 慈姑は芽の薄皮をむいて先端を切り落とす。底部を平らに切り落とし、皮を厚く六方むきにし、水にさらす。鍋にたっぷりの水、砕いたくちなしの実、慈姑を入れて串がすっと通るくらいの柔らかさになるまでゆで、流水に約30分さらす。
2. 鍋にだし汁と慈姑を入れて火にかけ、沸騰したら味醂と砂糖を加え、ガーゼに包んだ削り鰹を入れて5~6分煮る。塩と薄口醤油を加えて味を調え、さらに5~6分煮て火からおろし、そのまま冷まして味を含ませる。