NEWS

辻調グループからのお知らせ

ブログ

「第5回ジビエ料理コンテスト」で辻調の学生が農林水産大臣賞受賞!

お知らせ
エコール辻東京
辻調理師専門学校

2021.01.25

先日1月17日に、一般社団法人日本ジビエ振興協会が主催する「第5回ジビエ料理コンテスト」の結果が発表され、辻調グループの学生が農林水産大臣賞を含め、3つの賞を受賞しました。
本コンテストは、親しみやすいレシピの開発によりジビエの肉の流通・販売量を増やすことを目的に、2016年から開催されており、安全においしく喫食できるメニューをさらに幅広く募集し、考案してもらうことで幅広い層へのジビエ料理の浸透を目指しています。
募集テーマは「国産イノシシ肉・シカ肉を使用し、多くの人に、安全でおいしく提供できる料理」
今年度はコロナ禍にもかかわらず、全220レシピの応募があり、その中から8レシピが選出されました。

※2020年初めからの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、コンテストも安全性に配慮し、二次審査は三密および喫食時の議論の時間などを最小限に抑えるため、選手本人には会場へお越し頂かず、委員長ほか3名に縮小した審査委員会が審査しました。

(公式サイト)https://www.gibier.or.jp/topics/6325/
(受賞レシピ)https://www.gibier.or.jp/wp-content/uploads/2021/01/recipe_5th_contest.pdf


◆農林水産大臣賞◆
「麻辣猪肉刀削麺(猪の四川風湯麺)」
中西 優花さん(辻調理師専門学校/高度調理技術マネジメント学科3年)




<受賞コメント>
この度は「第5回 ジビエ料理コンテスト 農林水産大臣賞」を頂き、大変うれしく、光栄に思います。
今回の受賞は中島先生をはじめ、日々ご指導頂いている先生方のおかけだと実感しております。先生方には心より感謝申し上げます。私は卒業後、食品会社で商品開発の仕事に就かせて頂くことになりました。商品を作る際には今回のシビエ料理のように、生き物や環境に優しく、食べた人が心からおいしいと思えるものを作り、食への探究心を持って、日々精進してまいります。


◆農林水産省農村振興局長賞◆
「エゾ鹿の角煮~北海道からの贈り物~」
下坪 晏夕さん(エコール 辻 東京/辻日本料理マスターカレッジ1年)




◆日本食糧新聞社賞◆
「蝦夷鹿肉のパテ〜フルーツと木の実ののクネルを添えて〜」
清水 響さん(エコール 辻 東京/辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ1年)