tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調グループフランス校ブログ

瀨戸 清隆さん:調理2018年秋コース

「日本との違いが本当に多いフランス」
ヨーロッパ諸国の料理、文化、言語などを勉強したいと思いフランス校進学を希望しました。こちらに来てみていろいろな国から来た人が多いこと、食文化の違い、建物の造形、フランス語の発音(日本で聞いていたものと違う気がする)など違うことがたくさんあります。フランス語はとても難しいです!!

「料理について感情をいだくようになった」
フランス校での生活は調理本科時代と大きく違います。毎日がとても大変で一日が過ぎるのが早いです。常に料理に対して感情を抱くようになりました。それがたとえ簡単な料理でもです。フランスでの仕事(授業)はとても効率的だと思いました。一つの作業の応用も多く学べるとも感じます。常に料理のことを考えた生活をしています。


「寮での生活は社会に出たら役に立つ」
寮での生活は朝が早く、常に部屋はきれいにしなければならない、そして相部屋の人にも気を使います。ですが、それが社会に出たときに大変役に立つと私は思います。


オプション授業・ワイン


外来講師と一緒に

「食べ歩きも充実」
普段は町のビストロやブラッスリーなど入りやすい店で食べ歩きをすることが多いですが、学校企画の食べ歩きでアルザスにある「オーベルジュドリル」に行きました。地方性がしっかり考えられたコースでした。
もうすぐ冬休みになりますが、ドイツとフィンランドを旅行する予定です。


ワイン醸造所見学にて


家庭招待のご家族と

「不安だが楽しみな研修」
研修ははっきり言ってとても不安です。イメージとしては「日本語が一切通じない」という感じなので神経も使うと思います。ですが、研修に出ることは楽しみでもあります。

「フランス校に進学を考えている皆さんへ」
フランス校は想像していたより大変なことがたくさんあります。しかしシャトー生活は想像よりもっと楽しいです。毎日頑張れるところです!


瀨戸清隆(SETO Kiyotaka)
2018年秋コース エスコフィエ校 フランス料理研究課程
出身高校 大阪府立南高等学校
辻調グループ出身校 辻調理師専門学校本科

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント